名古屋マラソン尾崎が2位 日本人トップで五輪有力に

印刷

   ロンドン五輪の最後の女子代表選考会となる名古屋ウィメンズマラソンが2012年3月11日、ナゴヤドーム発着の新コースで行われ、ロシアのマヨロワが後半追い上げて優勝した。タイムは2時間23分52秒。2位は尾崎好美(第一生命)で2時間24分14秒、3位は中里麗美(ダイハツ)で2時間24分28秒だった。4位は渋井陽子(三井住友海上)、5位は伊藤舞(大塚製薬)。

   07年以来のマラソンとなった野口みずき(シスメックス)は17キロすぎで先頭集団から遅れたが、28キロ付近で追いつき、一時は先頭に出る頑張りを見せた。結局、33キロ過ぎで遅れ2時間25分33秒で6位。やや不調といわれていた赤羽有紀子(ホクレン)は35キロ付近までトップ集団で粘ったが、8位に終わった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中