2月の消費者動向調査、3か月ぶり悪化「収入減にらむ」

印刷

   2012年2月の、消費者の購買意欲を示す一般世帯の消費者態度指数は前月比0.5ポイント低下して39.5となり、3か月ぶりに悪化した。内閣府が3月12日に消費動向調査を発表し、わかった。前年同月と比べると1.7ポイント低下した。

   内閣府は消費者心理の基調判断を「このところ持ち直しの動きがみられる」に据え置いた。

   消費者態度指数は、消費者の「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」の4項目について、今後半年間の見通しを5段階評価で聞き取り、指数化した。全員が「良くなる」と回答すれば100になる。今回の調査基準日は2月15日。

   この4項目のうち、2月は「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」が悪化した。調査中に、春闘での定期昇給見送りや、12~13年度の国家公務員の給与引き下げで与野党が合意したことなどが報道され、先行きの不透明感が強まった。

   「暮らし向き」についても、給与世帯から「悪くなる」との回答が増えた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中