北朝鮮「実用衛星」、発射強行なら合意破棄 米報道官

印刷

   北朝鮮が2012年4月に「実用衛星」を打ち上げると発表したことを受け、米国務省のヌーランド報道官は12年3月16日の会見で、打ち上げを強行した場合は12年2月の米朝合意は「破棄される」と警告した。合意では、北朝鮮がウラン濃縮活動を一時停止するのと引き換えに、米国が北朝鮮に栄養食品を提供することになっていた。この問題をめぐっては、藤村修官房長官も同日夕方の会見で「北朝鮮に強く自制を求める」としている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中