AKB板野&EXILE・TAKAHIRO熱愛?「絶対許さん」女性ファン荒れる

印刷

   AKB48の板野友美さん(20)とEXILEのボーカルTAKAHIROさん(27)が真剣交際していると、2012年4月5日号の週刊文春が報じている。

   ファンが熱狂的なことで知られるAKB48とあって、板野さんのファンは大きなショックを受けているかと思いきや意外と冷静なようだ。一方、TAKAHIROさんの女性ファンは大騒ぎしている。

「食事はした」「会ったこともない」食い違う事務所の説明

   記事によると、2人の交際はおよそ2年半前から噂されていたが、週刊文春は2011年6月ころに「板野さんに近い筋」から「交際はガチだよ」という話を聞いたのだという。また、板野さんは12年に入ってからTAKAHIROさんが住む都内の高級タワーマンションに引っ越しており、板野さんの部屋の階とTAKAHIROさんの部屋の階をエレベーターが行き来していることが何度もある、板野さんとTAKAHIROさんの帰宅がほぼ同時刻であることが多いとされている。

   TAKAHIROさんが通っている焼肉店にも11年末から週1回のペースで2人で訪れていたという関係者の証言もある。2人の交際について、板野さんが所属するホリプロは「TAKAHIROさんのマネージャー含めて食事をしたことはあります。確かに同じマンションに住んでいますが、一緒に住んでいることではない。交際もしていない」と説明したが、一方TAKAHIROさんが所属するLDHは「交際していません。食事に行ったこともない。(板野さんが同じマンションに)住んでいることも知らないし(マンションで)会ったこともない。他のフロアのことは知りません」と話したというのだ。両事務所の説明の食い違いが、より熱愛の事実を疑わせる結果となっている。

「私のTAKAHIRO取った。許さん」「本気で失恋の気分」

   インターネット上では週刊文春の発売前日から噂が流れ、「板野さんAKB脱退か」という声があがっている。

   2ちゃんねるでは熱愛に関するスレッドがいくつか立てられ、板野さんを嫌っていると思われる人が「選抜の枠一個空いたああああああ よっしゃああああああ」「解雇!解雇!」「焼肉デート店員証言と事務所コメントの相違はマズいなぁ~w」などと書き込んでいる。

   一方、ファンと思われる人は「芸能人ってなんか色々厳しくて住めるマンション限られてるから同じ建物内に住んでること多いって聞いたことあるぞ」「ちゃんとした証拠がないからスルーすれば大丈夫なレベルだろ」とガセネタであるとする意見や、「結構いいカップルじゃない?ホントの話なら祝福したい」「ともちんには、しれっと交際を認めたうえで何食わぬ顔でAKBに居座って欲しい」など本当に交際していたとしても変わらず応援するという意見すら出ている。板野さんのファンは思いのほか混乱していないようだ。

   一方、TAKAHIROさんのファンはヒートしている。

   TAKAHIROさんは元々美容師だったが、EXILEに魅せられ、オーディションで勝ちあがって06年にメンバーに入った。長身のイケメン。ボーカルを担当しており、現在のEXILEの中心メンバーだ。女性ファンが多い。

   そんなこともあってか、ツイッターでは、TAKAHIROさんのファンとみられる女性たちが「TAKAHIROうちのこと裏切った。板野ゆるさん。チケット代返せーっ!」「私のTakahiroとりやがった。許さん」「本気で失恋した気分、立ち直れないどーしよ」などと怒り悲しんでいる。板野さんのツイッターアカウントあてにも「AKBは恋愛禁止なんじゃないの?。ガッカリです。ツイッターのフォローやめます。さようなら」「同じマンションに住んでお互いの家を行き来して情事を交わして高級マンションに住んで二、三年前とまったく違いますね。一気に天狗か」と批判コメントが寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中