「維新の会」も前田敦子も今後の活躍無理 宗教学者、島田裕巳氏の独自分析が話題

印刷

   AKB48が何かと話題になる中、宗教学者の島田裕巳氏が、現在勢力拡大中の「大阪維新の会」を前田敦子さん卒業になぞらえる記事を発表した。現在の政治とアイドルの状況に類似点があるというもので、一部ネットで話題になっている。

   タイトルはそのまま「維新の会は前田敦子である」という記事で、2012年4月5日、ライブドアの運営する言論サイト、アゴラに掲載された。

アイドルも政治家も力が小さくなった?

   記事では、前田さん卒業が「意外」だと世間で受け止められたのは、卒業後の「進路」が決まっていないからだと指摘。これまで主演した作品は当たらず、「必ずしもばら色の未来が開けていくようには見えないなかでの決断」に周囲は不安を感じているとする。

   さらに、昔なら、各テレビ局に歌番組があり、人気アイドルは次々と出演していたが、現在はアイドルがテレビに出る機会は限られており、「実際、卒業宣言後、前田敦子がテレビで心境を語る機会は用意されなかった」としている。

   これと同じようなことが今の政界にも当てはまるのだという。「現在において政治にできることは相当限られている」。経済成長時は十分な税収があり、政治家はそれをいかに分配するかで社会に影響を及ぼすことができた。しかし、財政赤字が拡大している現在、動かせる金はなくなり、政治家の力も小さくなってしまったとする。

「卒業した後の前田敦子がブレークする可能性はかなり低い」

   現在国政に打って出ようとしている維新の会は「統治機構の作り直し」を政策として掲げている。地方分権化、首相公選制、廃止含めた参議院改革などで、どれも財政的な裏付けは特に必要のないものだ。

   しかし、首相公選制実現には憲法の改正が必要で「制度設計は相当に難しい」。参議院に候補を送るとすれば、参院廃止のために議員になるという矛盾した状況になり「その正当化はかなり難しい」とする。

   これら状況を考慮すると、

「今のところ、卒業した後の前田敦子がブレークする可能性はかなり低い。意外な形でブレークするかもしれないが、それはまだ未知数である。同じように、維新の会が整合性と実現性を兼ね備えた政策を打ち出し、それで国政に進出して、一定の成果をあげられる可能性は低い。アイドルが活躍できる場が狭まっているように、政治家や政党が活躍できる場は狭まっているのである」

と結んでいる。結論としては、前田さんも維新の会も今後の活躍は期待できない、ということのようだ。

島田氏「アゴラでは色々挑戦できて面白い」

   政治をアイドルの卒業に絡めて語るというかなりアクロバティックな記事ということで、ツイッターなどで話題になった。「鋭い!」と好意的なものもあるが、「前田敦子と維新の会を結びつけるにはいささか弱い」「意味のない女子に、意味を持たせようとしている大人達」という意見も結構多い。

   また、「タイトルはPV稼ぐためだけ」という見方も。島田氏は前田さん卒業が発表された3月下旬、「なぜ女性アイドルは『卒業』しなければならないのか その宗教学的考察」という記事をアゴラに掲載。2ちゃんねるで話題になり、島田氏もブログで「そんなに大それたものではなく、小論だが、やはり反響は大きい」「アイドルと卒業の関係についてもっと本格的に論じろということなのだろうか」と書いていた。今回の記事はそれを受けてのものなのだろうか。記事を掲載した4月5日のブログでは、「『アゴラ』に書くものはいろいろ挑戦できるので面白い」とコメントしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中