国民新党の亀井静香氏、離党を表明

印刷

   国民新党の内紛劇で代表を「解任」された亀井静香氏は2012年4月6日、離党する意向を表明した。「解任は無効」と批判していた亀井亜紀子参院議員も離党する。一方、新代表の自見庄三郎郵政改革担当相は6日、野田佳彦首相と会談し、連立維持を確認した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中