JALとANA、北朝鮮「衛星」でルート変更

印刷

   日本航空(JAL)と全日空(ANA)は2012年4月9日、北朝鮮が4月12日から16日にかけて「実用衛星」を打ち上げると発表していることを受け、落下が予想されるエリアを通過する便のルートを変更すると発表した。影響を受けるのは、成田-マニラ便やシンガポール便など両社で1日計9便。最大で20分程度到着が遅れる可能性がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中