「相葉にわさび寿司を食わせろ!」 2ちゃんVS嵐ファンの仁義なき戦い

印刷

   2012年4月14日、日本テレビ系で「今夜だけ!土曜のアイバちゃん!?生でムチャぶり大作戦!国民投票SP」(14時30分~16時55分)という生放送の特別番組が放送された。

   アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀さんが本人主演ドラマ「三毛猫ホームズの推理」(21時~22時24分)などをPRしつつ、視聴者が選んだ「ムチャぶり」に挑戦するという内容だったが、相葉さんがムチャぶりと戦っている間、意外なところで「場外乱闘」が起きていたのだ。

「2ちゃんの力で華麗な逆転劇を見せたい」

   14日は「三毛猫ホームズの推理」初回放送日ということもあり、相葉さんが朝から日本テレビ系の番組に生出演してドラマをPRしていた。その一環で放送された「土曜のアイバちゃん」は「三毛猫ホームズの推理」をはじめ「天才!志村どうぶつ園」(19時~19時56分)や「嵐にしやがれ」(22時24分~23時18分)などの番組をPRするもので、その中で「嵐にしやがれ」終了後に相葉さんが挑戦する「ムチャぶり」を視聴者が番組サイトや電話で投票して決定する、という企画が行われた。

   ムチャぶりは「A:今、流行っている芸人のギャグ10連発!」、「B:わさび寿司を完食」、「C:オネエとラブシーン」、「D:格闘家にビンタされても平気な顔」の4種類で、相葉さんが出演した「ズームイン!!サタデー」終了間際のあさ8時ころから投票がスタートしていた。放送開始時点ではAが84万7357票で1位、Cが84万3978票で2位と僅差で争っており、Bは8万5269票で4位とかなり劣勢だった。

   しかしこの番組に目をつけた2ちゃんねらーが、14時36分「ニュー速VIP」板に「土曜のアイバちゃんムチャぶりでわさび寿司を食わせたい」というスレッドを立てる。「華麗な逆転劇を見てみたい」という理由で、1人何回でも投票できるというシステムを利用し、「わさび寿司を連打してくれ」と呼びかけた。これを見た2ちゃんねらーは「仕方ねえ、やってやろう」「おし!VIPのちからを見せるぞ」「とりあえず500連打してきた」と「祭り」に参加し始めた。

「相葉ちゃんの肺に穴開けようとしてる!」嵐ファン暴走

   2ちゃんねらーの投票によってBが驚異的な伸びを見せ始めたが、不審に思ったツイッターユーザーが「『わさび寿司を完食させる』の挙動がおかしすぎるから2ちゃん確認しにいったらやっぱりwww」「2ちゃんのせいで相葉君がわさび寿司を食うことになるぞwww」とつぶやいた。

   すると嵐ファンのツイッターユーザーが「かなりうざいね。ワサビ大量は危ないよ、私たちの相葉さんに何させようとしているんだああああ」「2ちゃんねるのせいで相葉ちゃんを無理させるのがつらい」など、相葉さんを心配し2ちゃんねらーを敵視するようなツイートをし始め、「Bにならないように嵐ファンはA連打で対抗しよう」「日テレにわさびの量を減らすようにお願いしよう」という動きが広まった。中には、相葉さんが11年6月に肺気胸で入院していることから「肺に穴空いちゃうよまた」というつぶやきも見られ、それが転じて「2ちゃんねらーの野郎、相葉ちゃんの肺に穴開けようぜってやったらしい」というデマも拡散された。

   投票は20時に締め切られ、21時前に発表された結果はBが1836万860票で1位だった。2ちゃんねるでは「良くやったお前ら!」「vip大勝利!!!!!」「Twitter民、あらしっく(嵐ファンの呼称)涙目wwwww」と大喜びの声が書き込まれた。

   なお、ムチャぶりは23時10分ころ決行され、相葉さんはわさびがたっぷり塗られたまぐろの寿司2貫をなんとか制限時間内に完食。ビンタのために来ていたプロレスラーの曙さんに抱っこされ、ラブシーンのために来ていた美容家のIKKOさんからは頬にキスをされて祝福を受けた。相葉さんは「何でチューされたのー!」と叫びながらも笑顔で番組を締めくくっていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中