美智子さまご実家と接触に成功 偶然重なった結果だった
元「お妃選び班記者」佐伯晋さんの取材ノートから(4)

印刷

   「君が最初にもってきた情報だから、君がすぐ正田家をあたってくれ」。膨大なお妃候補リストを1件1件つぶす、という地道な作業を先輩記者たちと続けていた「お妃選び取材班」だった元朝日新聞記者の佐伯晋さん(81)が、後に皇太子妃となる美智子さまのご実家、正田家の家族と直接会って話ができるようになったのは、いくつかの偶然が重なった結果だった。

   佐伯さんに聞く第4回は、正田家との初の接触に至る経緯を聞く。

「本人は英語ができて美人」情報が入る

日清製粉グループ本社は現在、東京都千代田区の神田錦町にある。
日清製粉グループ本社は現在、東京都千代田区の神田錦町にある。

――前回の話で出てきた1958年5月に入ってきた「脈のある」情報とは、どんな話だったのですか。

佐伯 5月11日、取材先にしていた都内のS夫人から「家へいらっしゃいよ」と電話があって翌日の日中に行ってみた。すると学習院出身のS夫人は「(お妃有力候補は)残念ながら学習院(出身者)じゃないのよ」と話し出し、「父親は、財閥系ではない実業家」「本人は英語ができて美人」という話が関係者の間で出ていることを教えてくれた。
   このS夫人というのは、元華族。年ごろの娘さんがいたので4月に「リストつぶし」取材の一環で自宅を訪れた。S夫人は、学習院女子中等科・高等科の同窓会「常磐会」に入っていて、しかも噂話好きだった。常磐会は元華族もたくさんいて、皇太子妃選びに隠然たる影響力をもっていた。S夫人のお嬢さんたちの線はないな、となったけど、取材源として、当時麻布で有名だったクッキーなんかをお土産に持って、ときどき話を聞きに行っていた。
   5月16日、キャップの牧さんも別の旧華族、K夫人から同じような情報を聞いて、しかも少しプラス要素もあった。牧さんが編集局の一室に1時間ばかりこもってリストと照合した結果、ノートを手にして部屋から出てきて「あった、あった。これ以外ねえよ」と言った。ノート上に指さした先を見ると、「正田美智子」と書いてあった。日清製粉の正田英三郎社長の長女で聖心女子大出身、当時23歳だ。ノートには家族関係など簡単な情報が添え書きされていた。
   さらに牧さんは、「君が最初にもってきた情報だから、君がすぐ正田家をあたってくれ」とも指示した。たまたまK夫人情報よりもS夫人情報をぼくが早く聞いてきたからこうなった。両夫人とも情報源は常磐会だから、ぼくと牧さんの聞き出す順番が逆になってもおかしくなかったし、そうだったらぼくが正田家を担当することもなかったろう。

恩師が父英三郎さんと同級生だった幸運

――正田家取材を指示され、どうやって接触を図ったのですか。

佐伯 リストつぶし作業の中で初めてといっていいくらいの有力情報だったので、社会部1年生のぼくが担当していいのかな、困ったなと思いながら、社内で正田家に関する資料に目を通していた。すると、美智子さんの父英三郎さんが、「東京商科大 昭和2年(1927年)卒業」という情報がぱっと目に入った。ぼくが卒業した一橋大の前身の学校で、しかもぼくの大学時代のゼミの先生、山田雄三先生も同大昭和2年卒だったと思い当たった。山田先生のところへは卒業後も時折、顔を出してかわいがってもらっていた。
   牧さんから指示された5月16日のうちに早速、先生の家へ電話すると在宅だったので、すぐに家へ伺った。正田英三郎さんについて聞くと、「しばらく会ってないけど昔、仲は良かった」という。これはしめた、と「ここだけの話ですが」と切り出し、正直にお妃候補の取材だと明かした上で、英三郎さんへの紹介状を書いてくれるようお願いした。
   すると先生は大笑いして「そんなことあるはずがない。正田君の家は全く庶民的で、娘さんが皇室に入るなんてそんな家じゃないよ」と言う。これはむしろ当時の常識で、ぼくや牧さんだって正田家について有力情報だとは思う一方、半分近くはまだ「旧華族ではなく民間からお妃が選ばれるなんて、まさかな」と思っていた。
   先生はそれでも「そこまで言うなら(紹介状)書いてあげよう」とソファを立ってすぐ横の大きな机に座ってさらさらっと短時間で書いてくれた。便せんで2枚だったかな、封筒に入れて封をせずに渡してくれた。読んでみると、「この青年は自分のゼミの教え子で卒業後も付き合っているが、まじめで決してあなたに迷惑をかけるような人間ではないと保証できる」というようなありがたい文面だった。
   それで、飛んで会社へ帰って英三郎さんあてに会って欲しいと手紙を書き、先生の紹介状を同封した。これを速達で出した。これが金曜のことで、手紙には日曜夜に自宅へお電話しますと書いておいた。

社長秘書が「今後とも会って話を聞きたい」

――紹介状のあるとなしとでは、印象がかなり違いそうですね。

佐伯 そうだと思う。日曜の5月18日に電話するとお手伝いさんが最初に出て、すぐに英三郎さんが電話口に出てきた。そして火曜20日に日本橋の本社へいらっしゃいと。

――とんとん拍子ですね。5月20日に初めて英三郎さんに会ったときも、有力情報が聞き出せたのですか。

佐伯 そうは簡単にはいかなかった。そのときの社長室での会話は、「とんでもない。夢みたいな話です」と、お妃候補に挙がっているということを初めて聞くようなそぶりで、とりつくしまがなかった。20分程度でこちらが根負けして成果なく部屋を出た。
   ただ、「後で考えれば」だけど、ぼくが面会を申し込んだタイミングが結果的にとても良かった。ぼくの取材には「知らないふり」をしたけど、正田家としても水面下で進んでいたお妃選び情報について、美智子さんが候補に挙がっているという噂が耳に入っていて、どうなっているのかと知りたくて仕方がない時だった。
   そのせいだろう、英三郎さんとの面談を終え階段を下りていると、社長秘書がぼくに声をかけてきたんだ。「今後とも会って話を聞きたい」と。

<編集部注:佐伯さんが当時のことを語る際、「民間」時代の美智子さまのことは「美智子さん」と表現しています>


<メモ:お妃候補リスト>

   佐伯さんによると、当時、華族大観や人事興信録などの資料をもとに、旧華族を中心にキャップの牧先輩は3年前の1955年からリスト作成・リストつぶし作業をしていた。ノートにまとめた1200人ぐらいのうちから、消える候補をつぶしていき、佐伯さんがお妃班に入った58年2月ごろには200人ぐらいが残っていた。

   牧さんはその頃、元華族ではない民間から選ばれる可能性も考えて、500人を新たにリストに加えた。この計700人を佐伯さんらで1人1人つぶしていく作業をしていた。家柄は良くても破産している家ははずす、お嬢さんの年齢が若すぎればはずす、などとやっていた。


(佐伯晋さんプロフィール)

1931年、東京生まれ。一橋大学経済学部卒。1953年、朝日新聞社入社、社会部員、社会部長などを経て、同社取締役(電波・ニューメディア担当)、専務(編集担当)を歴任した。95年の退任後も同社顧問を務め、99年に顧問を退いた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中