テレビ視聴率競争に大異変 フジ失速、テレ朝が躍進

印刷

   テレビ朝日が月間視聴率で開局以来初の4冠を達成した。民放各社では、ここ最近、日本テレビやテレ朝が好調な一方で、これまで圧倒的な強さだったフジテレビが失速するという異変が起きている。

   2012年5月1日にテレ朝が発表したところによると、4月(4月2日~4月29日)のテレ朝の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ 関東地区)が全日(6~24時)、ゴールデン(19~22時)、プライム(19~23時)、プライム2(23~25時)でトップだった。

日テレが8年ぶりに年間トップ

   女子サッカーなでしこジャパンの試合中継や、「世界フィギュア国別対抗戦」などのスポーツのほか、「痛快!ビッグダディ」などのバラエティの特番が高視聴率を記録。「ミュージックステーション」「ロンドンハーツ」などレギュラー番組の特番も好成績だったことが寄与したとしている。月間4冠は1959年の開局以来初だという。

   一方、この1年ほど好調なのが日テレだ。2011年度の視聴率では、これまで7年にわたって首位を守ってきたフジテレビが陥落し、日テレが全日、ゴールデン、プライムの3冠で8年ぶりにトップに躍り出た。

   日テレの成功を強く印象づけたのが2011年秋に放送されたドラマ「家政婦のミタ」。ツイッターを始めとしたネット上でも話題になり、12月放送の最終回は視聴率40.0%という近年希に見る驚異的な視聴率を記録した。2011年4月からスタートした朝の情報番組「ZIP!」もフジの「めざましテレビ」に迫る勢いとなっている。

フジの失速、ラテ欄の変化が原因?

   少し前までバラエティやドラマなどで積極的にブームを作りだし、視聴率も圧倒的に強かったフジはどうしてしまったのか。

   ゴールデン帯の年間視聴率を見ると、2010年はフジが13.0%、日テレが12.3%だったのに対し、2011年はフジ12.5%、日テレ12.6%。見事に逆転されてしまっている。2012年4月にスタートしたばかりの日曜9時のドラマ「家族のうた」も、第3話の視聴率が3.4%で打ち切り説が出る始末だ。

   芸能評論家の肥留間正明さんは「意外と気付かれてないですが、地デジ化に伴いフジテレビが新聞のラテ欄で右端にいってしまったのが大きい」と指摘する。以前は8チャンネルのフジはラテ欄の真ん中だったが、地デジ化でテレ朝が10から5に、テレビ東京も12から7に移動したため、右側に追いやられてしまった。

「ラテ欄は習慣で左側から見ますから、フジは最後。テレビで順にチャンネルを回すとき、フジの前に日テレ、テレ朝、TBS、テレビ東京と続くのも大きい。逆に、テレ朝は関係者が昔『うちはラテ欄で端だから見てくれない』と言っていたけど地デジ化で得をしましたね」

   番組については「どこも別に新しいことはやってない。日テレがファミリー層の獲得に成功したと言っても、テレビを観る人は年々減っているんだから、その中で少し上手くやったという程度でしょう。フジは視聴者からすると本当に観る番組がない。昔は看板だった月9ドラマも数字がとれなくなったし、バラエティもタレント頼りで企画性を感じない。今まではこれでよかった、という番組作りしかしてないので全体的に目新しさがない」と話している。

   フジの失速はネットでも話題になり、2ちゃんねるなどには「面白くないどころか観ていて不快」「昔は『とりあえずフジ』だったんだけどなぁ」といった声が挙がっていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中