泊原発3号機停止 国内原発稼働ゼロに

印刷

   北海道電力の泊原発3号機(北海道泊村)は2012年5月5日深夜、定期検査に入るため停止する。これにより国内50基の原発すべての稼働がストップすることになる。「稼働ゼロ」となるのは1970年以来42年ぶり。

   政府は関西電力の大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を目指しているが、地元との調整は難航している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中