「iPhone 5」今秋リリースか 米国のITニュースやアナリストが予測

印刷

   アップルの「アイフォーン(iPhone)」の次期モデルが、2012年秋に発売との情報が流れている。米ブログメディアが、米携帯電話大手ベライゾンワイヤレスのスマートフォン(スマホ)発売スケジュールを入手、そこからiPhoneを含む有力スマホのリリース時期を暴露したのだ。

   現行モデルの「iPhone 4S」が日米などで発売されたのが2011年10月。それから1年後に新モデル投入との筋書きは、タイミングとしても合っているように思える。真相はどうなのか。

例年6月に発表も「4S」は10月だった

新型iPhone発売は6月、10月、それとも……(写真はiPhone 4S)
新型iPhone発売は6月、10月、それとも……(写真はiPhone 4S)

   ベライゾンワイヤレスのスマホ発売計画を報じたのは、テクノロジー関連ニュースを扱う米ブログメディア、BGRだ。2012年4月26日の記事では、「2012年内にベライゾンが投入する、主力スマホの発売に関する具体的な情報を独占入手した」とある。

   次期iPhoneについてBGRは、「今秋の発売」としているが、それ以上の詳細はない。実はBGRでは2011年12月27日に「アップルに近い情報源によると、iPhoneの次期モデルの発売は2012年秋」との記事を出しており、今回はそれに沿った内容となっている。

   歴代のiPhoneは、例年6月に開かれるアップルの開発者向けイベント「WWDC」で発表されるのが「定番」となっていた。例えば「iPhone 3G」は2008年6月のWWDCで発表後、同年7月に発売。「iPhone 4」も2010年6月のWWDCで発表され、同月中にリリースされている。しかし最新の「iPhone 4S」ではこの「慣例」が破られ、発表されたのは2011年10月だった。今回は再びWWDCの場で披露されるのではないか、との声もある。

   アップルにとって気になるとみられるのが、韓国サムスン電子の動向だろう。サムスンは、iPhoneを追撃する最新版スマホ「ギャラクシーS3」を2012年5月4日に公開した。iPhoneに搭載されている音声アシスタント機能が「ギャラクシー」にも備わり、有機ELディスプレーはiPhoneより大型サイズだ。米調査会社ストラテジー・アナリティクスによると、サムスンの2012年1~3月期のスマホ世界出荷台数はアップルを上回っている。

   BGRの記事では、この「ギャラクシーS3」の発売時期について「詳しい時期までは分からない」としながらも、ベライゾンが秋口に投入するスマホのラインアップから「ギャラクシーS3は夏にリリースされるだろう」と推測している。

新型モデルはデザイン一新の見方

   ただしBGRの記事には、「ギャラクシーS3」の具体的な発売日は書かれていない。次期iPhoneも合わせて「ベライゾンの発売に関する行程表を独占入手した」と言うわりには頼りない情報と言わざるをえない。記事に対する読者からのコメントを見ても、「このウワサの根拠はどこだ」「詳しい日程も書かずに、何が『発売スケジュール』だ」と厳しい指摘が多かった。

   とは言えiPhoneに限れば、まんざら的外れとも言えなさそうだ。米ITニュースサイト、コンピューターワールドでアップルの事情に詳しいジョニー・エバンズ氏は「今秋発売説」を唱える。5月2日付の記事で「10月2日か10月16日」と予想してみせたのだ。

   その理由としてエバンズ氏は、新型iPhoneの本体デザインが一新されるとみている点を挙げた。加えて基本ソフト「iOS」に重要な新機能が加わり、高性能の部品の製造や、端末の生産自体にも時間を要することから、10月に市場投入という結論に至ったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中