長期金利0.865% 1年半ぶりの低水準

印刷

   連休明けの2012年5月7日の債券市場で、長期金利の指標となる新たに発行される10年物国債(321回債)の利回りが0.865%となり、2010年10月18日以来約1年半ぶりの低水準となった。前営業日である5月2日に比べて0.020%低下した。

   米国景気の減速懸念や、6日のフランス大統領選で現職のサルコジ大統領が敗北の見通しとなったことで欧州の債務問題に対する先行き不透明感が強まり、「安全資産」とされる国債への資金流入の思惑につながっている。

   債券市場では、期間の短い新発5年物国債(103回債)の利回りが0.015%低い0.245%、新発20年物国債(135回債)の利回りは0.025%低い1.650%と、いずれも1年7か月ぶりの低水準になるなど、金利の低下圧力が強まっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中