LPGタクシー2017年に生産中止 シェア1位トヨタがハイブリッドに

印刷

   トヨタ自動車が、LPG(液化石油ガス)を燃料とするタクシー専用車の生産を2017年末にも中止し、「プリウス」などと同じガソリン・ハイブリッド車にタクシー専用車を切り替える。

   LPGタクシーではトヨタがシェア9割を占めるだけ影響は大きく、「トヨタ・コンフォート問題」「2017年問題」などとして、LPG車のユーザーであるタクシー業界、燃料を供給するLPG業界を揺るがしている。

LPG車のエンジン性能が大きく落ち込む

   LPGタクシーは1960年代前半に登場し、燃料であるLPGの価格の安さから普及してきた。しかし、次第にLPGの価格的魅力が薄れこと、日本のLPGエンジンの電子制御化が大きく遅れ、ベースのガソリン車に比べてLPG車のエンジン性能が大きく落ちていたこともあって、個人タクシーを中心にLPG車離れが進んだ。

   さらに最近は、燃費のよいガソリン・ハイブリッド車が登場し、トヨタの販売戦略も手伝ってタクシー車両としてハイブリッド車が大量に利用され始めている。

   今回のLPGタクシーの生産中止もトヨタのハイブリッド戦略の延長線上にある。トヨタは中長期の車両開発方針として、車両サイズごとにプラットフォーム(車台)、パワートレーンを共通化する「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」構想を進めている。一方で、バリアフリー関連の法律で、タクシー車両はユニバーサルデザイン(UD)への切り替えが求められており、このタイミングでトヨタはガソリン・ハイブリッドのタクシー専用車を投入することを検討している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中