LPGタクシー2017年に生産中止 シェア1位トヨタがハイブリッドに

印刷

   トヨタ自動車が、LPG(液化石油ガス)を燃料とするタクシー専用車の生産を2017年末にも中止し、「プリウス」などと同じガソリン・ハイブリッド車にタクシー専用車を切り替える。

   LPGタクシーではトヨタがシェア9割を占めるだけ影響は大きく、「トヨタ・コンフォート問題」「2017年問題」などとして、LPG車のユーザーであるタクシー業界、燃料を供給するLPG業界を揺るがしている。

LPG車のエンジン性能が大きく落ち込む

   LPGタクシーは1960年代前半に登場し、燃料であるLPGの価格の安さから普及してきた。しかし、次第にLPGの価格的魅力が薄れこと、日本のLPGエンジンの電子制御化が大きく遅れ、ベースのガソリン車に比べてLPG車のエンジン性能が大きく落ちていたこともあって、個人タクシーを中心にLPG車離れが進んだ。

   さらに最近は、燃費のよいガソリン・ハイブリッド車が登場し、トヨタの販売戦略も手伝ってタクシー車両としてハイブリッド車が大量に利用され始めている。

   今回のLPGタクシーの生産中止もトヨタのハイブリッド戦略の延長線上にある。トヨタは中長期の車両開発方針として、車両サイズごとにプラットフォーム(車台)、パワートレーンを共通化する「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」構想を進めている。一方で、バリアフリー関連の法律で、タクシー車両はユニバーサルデザイン(UD)への切り替えが求められており、このタイミングでトヨタはガソリン・ハイブリッドのタクシー専用車を投入することを検討している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中