東電、家庭値上げ最大12% 契約ごとの試算公表

印刷

   東京電力は、2012年7月の実施を目指している家庭向け電気料金の値上げをめぐり電力の大きさを示す「契約アンペア」ごとの値上げ率を、5月23日に開催した経済産業省の有識者会議に提示した。

   東電はこれまで、「30アンペアの契約で平均使用量が290キロワット時」の標準家庭で月480円、6.9%の値上げになると説明してきたが、より詳細な試算を示した。それによると、契約アンペアは10~60アンペアの7段階で、アンペア数が大きいほど負担は膨らむ。最大の60アンペア(平均電力使用量540キロワット時)の場合は「月1677円、値上げ率は12%」にのぼる。

   一方、東電は柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)が今後も再稼働しなかった場合の、家庭向け電気料金が平均15.87%の値上げになるとの見通しも明らかにした。

   柏崎刈羽原発が再稼働することを前提した平均10.28%の値上げよりも、さらに5ポイント余り値上げ幅が拡大することになり、利用者の負担が増す。火力発電の燃料費がかさむことが要因という。

   なお、柏崎刈羽原発が再稼働しなかった場合の契約アンペアごとの値上げ率について、東電は「算出した資料がないし、公表したものもない」と話している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中