私有地に入る、道路に寝そべる… スカイツリー大盛況の裏でマナー問題浮上

印刷

   2012年5月22日に「東京スカイツリー」が開業した。連日多くの見物客でにぎわっているが、周辺地域にとっていいことばかりではなさそうだ。

   撮影のため私有地に無断で立ち入る、ごみのポイ捨てなど、マナーの悪い客も多く、住民は頭を悩ませている。

住民や駅員が尻拭い

眺めは立派だが…
眺めは立派だが…

   5月23日の「モーニングバード!」(テレビ朝日系)では、撮影のためにロープに張られているマンションの駐車場内や外付けの階段に立ち入ったり、車道に仰向けに寝転んだりする見物客の姿を放送した。また、深夜に若者たちが車でやってきて、大声で騒ぎながらライトアップされたツリーを見物していくという。

   5月24日付の産経新聞は、観光客のマナーをめぐり住民との摩擦が生じていると報じた。食べ散らかしたごみが放置され、自販機横などに設置されたごみ箱からはペットボトルや空き缶があふれ出している。民家やマンションの壁には「ゴミのポイ捨て禁止!ルールを守って楽しく観光!」「関係者以外、駐車場に入ることを禁じます」などと書かれた張り紙がされているという。

   ツイッターでも、

「撮影のために止まって道塞いだり、一方通行逆走で来るとか、あり得んのだけど」
「スカイツリーの周辺にゴミ捨てる人、道路に寝そべって危ない人、マナー悪い人多いよ」
「地元の方がゴミ拾いをしていました。タバコの吸殻、弁当の空容器、ビニール傘等、マナーの悪さにガッカリです」
「スカイツリー効果か知らないけど押上駅のゴミ箱が溢れてて駅員さん片付けてたわ…」

など、見物客のマナーの悪さを指摘するツイートがいくつも見られる。

立ち小便被害、排せつ物が落ちていたことも

   周辺地域の住民は実際どういうことに困っているのか、「おしなり商店街振興組合」の金澤武市理事長に話を聞いた。

   押上・業平橋地区に連なるおしなり商店街では、タバコの吸殻やコンビニ弁当の食べ残しが入ったポリ袋のポイ捨て、ファストフードでテークアウトした飲み物の容器が自動販売機横のゴミ箱につっかえているなどのマナー違反が多く見受けられるという。特にタバコの吸殻は深刻で、店舗の前を掃除していてもかなり多く捨てられているそうだ。立ち小便の被害もあり、排せつ物が捨てられていたこともあった。

   東京スカイツリー周辺地域では安全対策のため70数台の防犯カメラ設置準備に入っており、おしなり商店街でも3台設置するので、マナー違反をしている人には見られている意識を持ってほしいと話す。ただ誰がごみをポイ捨てしたか、誰が立ち小便したかなどをつぶさに確認できるわけではなく、現状ではマナー違反に対しては自分たちで掃除するという対策を取るしかない、と困惑しているようだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中