菊地直子への懸賞金1000万円 一人で「総取り」の可能性

印刷

   オウム真理教の元信者、菊地直子容疑者が17年間の逃亡の末、逮捕された。警視庁が、有力な情報の提供者に支払う懸賞金を2012年2月に1000万円へと引き上げた効果が出たのかもしれない。

   逮捕に直接つながったのは警視庁への情報提供とみられるが、その前にも相当数の目撃談が警察当局に寄せられていた。懸賞金を手にするのは誰になるだろうか。

「菊地容疑者に似た女が神奈川県相模原市に住んでいる」

今も逃亡中の高橋克也容疑者にも懸賞金がかかる
今も逃亡中の高橋克也容疑者にも懸賞金がかかる

   警視庁は菊地容疑者に「オウム真理教特別手配者」として懸賞金をかけていた。2012年2月には、それまで300万円だった「捜査別報奨金」を800万円に引き上げる。警察OBの組織が設けた「私的懸賞金」200万円を加えると1000万円に達した。

   警視庁のウェブサイトを見ると、捜査特別報奨金の交付は「警察庁において決定されます」とだけ記述されており、具体的な判断基準は分からない。一方の私的懸賞金は、「応募者のうち、オウム特別手配被疑者の検挙に最も寄与した情報提供者に対してお支払いします」となっている。該当者が複数の場合は「各平等の割合をもって懸賞金を分割」する。「検挙に寄与した情報」の判定は、警視庁が行う。

   菊地容疑者逮捕に大きく貢献したのは、2012年6月3日朝、警視庁本部を訪れた人物による目撃情報だ。

「菊地容疑者に似た女が2人で神奈川県相模原市に住んでいる」

   これにより警視庁はその日のうちに現場に捜査員を派遣、姿を現した菊地容疑者に本人確認をしたところ、素直に認めたため「御用」となったのだ。

   この情報提供者が「検挙に最も寄与した」とも考えられる。仮にひとりであれば1000万円を「総取り」する可能性も出てきた。一方で、この情報以前にも有力な内容が積み重なっていたとすれば、その提供者にも「資格あり」と警察側が判断するかもしれない。

   実際に、警察庁によると菊地容疑者に関して警察当局に寄せられた情報は、公的懸賞金の対象となった2010年11月以降は447件に上る。特に、懸賞金の額が1000万円となった2012年2月には急増し、初めて月間で100件を超えた。

数百万円単位の懸賞金は少なくない

   一方、懸賞金を「もらい損ねた」人がいる可能性もある。2011年に「菊地容疑者と似ている」との情報が神奈川県の警察署に寄せられていたと、複数のメディアが伝えたのだ。毎日新聞では、どこの署かは明らかにされていないが、2011年12月に近所に住む女性が「どこかで見かけた顔」と思っていたところ、指名手配ポスターを見て菊地容疑者だと直感、警察に連絡したが取り合ってもらえなかった、とコメントしている。

   フジテレビの情報番組「とくダネ!」では、銀行のATMを利用している際に菊地容疑者に似た女性を見たとして地元の警察に通報したものの、やはり相手にされなかった事例が紹介された。「歩いている姿を見て通報したが、本気にしてもらえなかった」という話もある。自分の目撃談が信用され、早期逮捕が実現していれば懸賞金が手に入っていた――そう悔しがる人がいるかもしれない。

   数百万単位の懸賞金がかけられている事件は少なくない。例えば1996年に東京・葛飾区で発生した女子大生殺害、放火事件には犯人逮捕につながる有力情報に800万円がかけられている。「オウム特別手配」最後のひとりとなった高橋克也容疑者の情報には、懸賞金1000万円だ。千葉県で起きた英国人英会話講師の殺害事件で指名手配され、2009年に逮捕された市橋達也受刑者にも、逃亡時には1000万円の懸賞がついていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中