小宮山厚労相が母親生活保護受給「おかしい」 キンコン梶原の兄が母親の隣のタワーマンションに居住

印刷

   お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太さん(31)の母親が生活保護を受給していたことについて、自民党の馳浩衆院議員が国会で取り上げた。雄太さんの兄が母親と隣のマンションに住んでいることが明かされ、小宮山洋子厚労相も受給を疑問視したとも受け止められる発言をした。

   衆院予算委員会で2012年6月12日に質問に立った馳浩議員は、梶原雄太さんの実名は挙げなかった。しかし、ブログでは、雄太さんのことを取り上げると前日に予告している。

次兄や長兄の事情を踏まえて受給を認定したのかどうか

マンションを示して追及
マンションを示して追及

   馳氏は、質問に先立って、写真パネルを用意した。そこでは、左側に雄太さんの母親が住んでいるタワーマンションが、右側に次兄が住んでいる同様なマンションが示された。不動産の登記情報を取り寄せて確認したといい、2つのマンションは隣り合っているとした。

   また、馳氏は、雄太さんの長兄が自衛官をしていることも明らかにした。

   そして、雄太さんが5月に会見をしたときに、馳氏は、「あれっ?」と疑問に思ったことがあったとした。それは、母親が11年3月から生活保護を受給するに当たって、福祉事務所は、母親の扶養義務がある次兄や長兄のこうした事情を踏まえて受給を認定したのかどうかだ。さらに、生活保護法に基づけば、これは違法になるのかどうかを小宮山厚労相にただした。

   国会で取り上げた理由については、雄太さんの家族が12年3月にそろってテレビ出演しているからだと説明した。母親は「梶原おかんの塩昆布」という商品のPRまでしていたといい、馳氏は、プライバシーとは言えないと判断したようだ。

   これに対し、答弁に立った小宮山厚労相は、個別ケースについてのコメントは控えたいとした。その一方で、生活保護は利用できる資産や能力を活用することが前提だとし、意図的に資産や収入を減らして受給することは認められないと述べた。

   さらに、息子名義のマンションにして生活保護を受けられないかとの問い合わせが福祉事務所に相次いでいることを指摘して、馳氏がさらにただすと、小宮山厚労相は、こう答えた。

吉本興業「梶原家の問題で、答えるべき話でない」

「マンションの写真なども含めて見れば、国民の方々もこれはおかしいじゃないかと思われるのは、当然だと思います」

   小宮山洋子厚労相は、そのうえで、明らかに資産があるとみられても対応できない部分があると認め、扶養ができないという立証責任を義務者に課すような法改正を検討していることを明らかにした。馳浩衆院議員も、梶原雄太さんの母親が住んでいたマンションは、母親ではなく雄太さん名義になっていたとして、今のところ違法とは言えずに法の抜け道になっていると指摘した。

   馳氏は、国会質問後にブログで、こうした事例が放置されると、「じゃあ、うちもマンションを息子名義にして、ローンが苦しいからって生活保護を申請しよう!」などとなってしまうと懸念を示した。ネット上でも、住宅ローン支払いに充てるという資産形成に使われた形になるのではないか、次兄や長兄が母親と同居したり支援したりすれば生活保護の必要はなかった、といった疑問がくすぶっている。

   雄太さんが所属する吉本興業側は、兄たちの扶養義務について、「うちの所属ではなく、梶原家の問題ですので、答えるべき話ではないと考えています」とした。月40万円というローン支払いに生活保護費が充てられたかについては、「お金は母親に入るだけで梶原には入らないので、ローンの返済金になるはずがありません」と言う。馳氏の発言については、国会で雄太さんの実名を出さず、吉本側に何の働きかけも来ていないとし、「一方的におっしゃっているだけですので、いちいち反論する意味がないと考えています」と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中