大躍進中のAKB指原に「元カレ」報道 ファン動揺「ショックすぎて死にそう」

印刷

   2012年のAKB選抜総選挙で4位に躍進した「へたれ」キャラの指原莉乃さん(19)に元カレがいたという報道が出た。本人は「友達」だと否定し、真偽は不明なものの、ファンの間では動揺が広がっている。

   2012年6月14日発売の「週刊文春」が報じたもので「元カレが告白 総選挙4位『ヘタレさしこ』の素顔 『AKB48指原莉乃は超肉食系でした』」と見出しが打たれている。

「お互い経験がないしエッチまで4か月かかりました」

   記事には2008年から09年にかけて指原さんと交際していたという、都内在住の「イケメン学生」が登場する。元は指原さんのファンだったのだそうで、劇場のイベントや握手会に参加し、名前を覚えてもらうためにファンレターを何通も書いた。すると、2008年夏にミクシィで指原さんの友人を名乗る人物からメッセージが届き、指原さんのメールアドレスを教えてくれた。

   そこから指原さんとメールする仲になり、その後、指原さんの友人だとされていた人物が指原さん本人だったことも判明した。「それからつきあうまでは早かった。彼女は超肉食系でしたよ(笑)。彼女もアイドルオタクだから話も合った」と振り返る。2人の関係を絶対周囲に話さないことが約束だったという。

   デートの場所は指原さんが母親と住んでいた中野区のマンションが原則。母親が出かけたのを見計らって部屋に入れてもらい、「イチャイチャ」していたという。

   そして、「お互い経験がないしエッチまで4か月かかりました」。2~3週間に1回デートし、毎日平均7時間は電話で話していたとしている。男性の携帯電話に残っていた指原さんの胸元アップだとされる写真なども掲載されている。

「今、自分の推しをどこまで信じるかどうかが試されてるんだぜ」

   しかし、付き合っていることを誰にも相談できない、会いたいときに会えないといったことが負担になり、09年秋に男性の方から別れを切り出す。指原さんからは「諦めたくない」「エッチだってしたのにふざけんなよ!」とメールが来たという。

   記事では、指原さんがレギュラー出演している「笑っていいとも!」(フジ系)の生放送直前、収録場所のスタジオアルタ前で指原さん本人を直撃。男性との関係について聞いたところ「友達」だとし、付き合っていたことを否定したとしている。

   AKBでは、加入後の恋愛は御法度。ファンと交際なんてもってのほかだ。今回の記事は指原さん本人が否定しているので真偽不明だが、指原さんがファンの応援で総選挙4位に躍進したばかりのこともあり、動揺が広がった。2ちゃんねるの指原さん応援スレッドには

「ヤバイ、ショックすぎて死にそう。何でこんな事に・・。今回だって200ぐらい投票したのに。もう何もかもどうでもよくなる」
「指原腹を叩く奴は俺が許さない 鬼になる」
「もちろん信じてる気持ちも有るけど、これから推して行く自信が全然無い。 今となっては、何であんなに投票したのか自分でも分からなくなってくるわ」

といった困惑する書き込みが殺到。また、総選挙5位で指原さんに敗れてしまった篠田麻里子さんのファンからは「おい指ヲタ!お前らは我が麻里子様に勝つだけの力があるんだからアンチの荒らしなんかに負けるんじゃねぇぞ!!今、自分の推しをどこまで信じるかどうかが試されてるんだぜ」というものも寄せられていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中