「伊方の再稼働必要」愛媛県の中村知事が安全性など条件に

印刷

   愛媛県の中村時広知事は、四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の再稼働について「エネルギー情勢からすれば必要」との認識を示した。あわせて、安全性の確認が重要とし「無条件で再稼働という考えではない」とも強調した。2012年6月18日の記者会見で述べた。

   これまで伊方原発の再稼働について中村知事は「白紙」を繰り返していた。ただ、電力供給に関して「再稼働反対、自然エネルギーでまかなえと言う人が多いが、それで収まる問題ではない」とも話し、一定の条件が満たされれば再稼働を検討する意向を示していた。

   関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働決定後、条件付きではあるが、原発の再稼働に前向きな判断を示したのは中村知事が初めて。「あくまで安全が第一だが、今すぐに原発をなくすというのは現実的ではない」とも述べ、現在の電力使用や経済情勢を考慮し、大飯原発の再稼働への野田佳彦首相の判断に理解を示した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中