社長が事務所で自殺?病死? イエローキャブで何が起きているのか

印刷

   芸能事務所、イエローキャブの社長が事務所で死亡しているのが発見された。同社は小池栄子さんらが所属し、「巨乳」グラビアアイドルブームで一時代を築いたが、最近は経営状態がかんばしくなかったという報道が出ている。

   報道によると、2012年6月28日15時過ぎ、東京、南青山の事務所トイレで倒れている帯刀(おびなた)孝則社長をスタッフが発見、病院に搬送されたが死亡が確認された。

90年代には「巨乳」ブームを巻き起こす

   自殺の可能性が高いと報じられているが、事務所広報はJ-CASTニュースの取材に対し「自殺ではなく、死因は心筋梗塞」としている。

   イエローキャブは1980年に設立。社長の野田義治氏のもと、雛形あきこさんや山田まりやさん、MEGUMIさんら人気グラビアアイドルを抱え、90年代には「巨乳」ブームを巻き起こした。

   しかし、04年に経営を巡るトラブルで野田氏が辞めてしまい、雛形さんら主要タレントの多くが、野田氏が新たに設立したサンズエンタテインメントに移籍してしまう。帯刀社長は06年に就任。現在イエローキャブのサイトでは小池栄子さんら14人が所属していることが確認できる。

   帯刀社長は亡くなった日も通常通り出勤していたといい、社員も「特にトラブルなどは把握していない」と話したという。自殺の理由や、そもそも自殺だったのかなど、不明な点は多い。しかし少なくともここ数年の経営状況は決して良くなかったようだ。

   民間の信用調査機関によると、2008年(1月期)には5億8200万円あった売上げが、2012年(同)では2億9000万円にまで下落。2011年(同)、2012年(同)とここ数年は黒字だったが、2009年(同)には約2億円の赤字を計上している。

「結局、後進のタレントが育っていない」

   イエローキャブが経営難だったという報道は過去にもいろいろ出ている。事実かどうかは不明だが、「週刊文春」4月15日号の記事によると、同事務所の実質オーナーだった北陸のパチンコ業者が経営陣と衝突。事務所経営から手を引いたことで資金繰りが悪化していたという。

   芸能評論家の肥留間正明氏は、「イエローキャブは元々、渡辺プロ出身でマネージャーとしての能力が傑出していた野田さんが伸ばした会社。彼が表に出て、自分の名前で仕事を取ってきていた。やっぱり野田さんがいなくなったのが大きい」と語る。現在も、事務所には小池栄子さんや佐藤江梨子さんが所属しているが、一般的な知名度を持っているのはこの2人だけだ。

「結局、後が育っていない。タレント自体も今、過当競争でギャラが10年前の2分の1とかになっていて、厳しい事務所は多い。自殺かどうかは分からないが、切羽詰まった部分があったことは想像できる」

と話していた。

   有名芸能事務所社長の突然の死はネットでも話題になり「何があったんや…」「小池は演技力あるから事務所絡みで消えるのはもったいねぇなぁ…」といった声が出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中