指原は「左遷」どころか「栄転」? 早速HKTで「優遇」に反発の声

印刷

   AKB48からHKT48に移籍した指原莉乃さん(19)の「博多デビュー」公演が2012年7月5日に行われた。

   関係企業からたくさん花輪が届き、ワイドショーでも大々的に取り上げられるなど華々しいデビューとなった。しかしいきなり優遇されているのではないかなどとして、インターネット上では反発の声も上がっている。

秋元氏も駆けつける

すっかりHKT48に溶け込んでいるようだが…
すっかりHKT48に溶け込んでいるようだが…

   指原さんはHKT48チームH公演「手をつなぎながら」に初出演した。移籍発表からわずか19日で、メンバーと合わせられたのは本番前の1回のみだったというが、AKB48での経験もあり、存在感を示していたようだ。そしてこれまで未定だった所属チームが「チームH」に決まり、チームHは17人体制で動いていくこととなった。

   7月6日のフジテレビ系「めざましテレビ」では、軽部真一アナウンサーが博多まで出向いて取材してきた様子を放送した。会場にはキングレコードや講談社など多数の企業から指原さん宛てに届いた花輪が飾られ、秋元康プロデューサーも公演を見に訪れるなど、男性スキャンダルがきっかけの移籍とはいえ祝福ムードに包まれていた。

   軽部アナは会場の外で秋元氏に接触。秋元氏は「(指原さんが)日本中の元気の象徴になればいいなと思ってるんですよ。いろんなことがありますよね、人生だから。頑張れば報われるんだという風にしてあげたいなと」と話した。

   また、本番を控えた指原さんと他のHKT48メンバーにも直撃取材している。HKT48ではこれまで18歳の菅本裕子さんが最年長だったが、今年20歳になる指原さんが最年長となった。最年少のメンバー・田中菜津美さん(11)に「ゆうこす(菅本さん)でも『おばさん』って言われているのに、20歳って『おばあちゃん』みたい」と言われ、メンバーからは笑い声があがった。

   指原さんは早くも「いじられキャラ」のポジションを獲得し、メンバーに打ち解けてきているようだった。公演後、指原さんは「まだ早いかもしれないんですけど、1つになれたなという気持ちがしましたね」と満足げに話していた。

「なんで優遇されてんだよ」

   公演は大成功に終わったようだが、一部の人々の間では「反指原感情」が根強く残っているようだ。

   2ちゃんねるでは、指原さんの博多デビューについていろいろなスレッドで語られている。ファンは「新しいさしこ伝説の始まりになるのか胸熱!」など喜びの書き込みをしているが、多くは「左遷された奴が何のんきにしゃしゃり出てやがんだ」「最低 問題起こしたやつがなんで優遇されてんだよ」「何の冗談だよ 栄転しとるやないかい」などの批判的な書き込みだ。

   また、「福岡に住んでるがうざすぎ リストラだか都落ちか知らんが、なんで持ち上げんの こんなニュースを夕方に見せられてうんざりくる」と、元々興味がなかったらしい人も指原さんに嫌悪感を抱き始めているようだ。

   また、指原さんが出演することによりポジションを奪われ、元々出演していた曲なのに出演できなくなったメンバーもいたという。たとえば10曲目の「Innocence」では菅本さん、12曲目の「恋の傾向と対策」では宮脇咲良さんのポジションに指原さんが入ったそうだ。

   ツイッターでは公演を見たファンが「指原だけ抜けずに正規メンがひとりずつ抜けて行く…これ誰得?」「17人公演というなの16人公演か…バレーのローテーションみたいに、指原の為に順番に一曲ずつ誰かが、抜けるってことね…指原が出る公演は自分の推しがどの曲かで見れないってことか…」といった具合にツイートし、納得できない思いをにじませていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中