学生が「原発震災」を現地調査 目の当たりにした若者の「発信力」【福島・いわき発】

印刷
news_p138786_1.JPG

   東洋大の国際地域学科に学ぶ3年生6人がゼミの先生とともに6月初旬、いわき市を訪れた(=写真)。いわきは東日本大震災の被災地であると同時に、原発事故収束作業のためのトリデになった。「原発震災」の現状を海外に発信するための現地調査だった。彼らから礼状が届いた。


   「シャプラニール=市民による海外協力の会」を介して、昨年、ゼミの先生と知り合った。で、現地ガイド、聴き取り調査の相手の選定などを頼まれた。こちらでスケジュール案をたて、調整した。


   「想定外」のこともあった。久之浜の大久川河口付近にタクシー(ワゴンタイプ)を止めたら、浪江町の町議夫妻がいた。個人的に被災地を見て回っているらしい。避難先の二本松市から車でやって来た。学生にとってはまたとないインタビュー相手だ。調査に厚みが増した。


   デジカメのほかに、デジビデオで撮る。学生が英語でレポートするシーンも撮る。後日、インターネットの動画共有サービスを利用して発信するための"現地取材"だ。若者の「発信力」の高さを目の当たりにした。


   礼状には、「初稿」段階の英文レポートが同封されていた。辞書を引きながらなら、いわきのことだ、なんとか読める。数字の間違いも指摘できる。


   それで思い出した。別の大学の学生からも前に礼状が届いていた。昨年暮れ、東京で「リッスンいわき」というイベントが行われた。呼ばれて話をした。早稲田大の大学院生が話を聴きに来ていた。その縁でゴールデンウイークを含めて二度、院生が指導教授やほかの学生とともにいわきへ調査にやって来た。


   院生は2月にいわきで開かれた「フィールいわき」を含めると3度目の来市だ。「地域社会と危機管理」というテーマでフィールドワークを進めているらしい。6月には社会学4学会合同でいわき市、広野町を訪問した。8月には「フィールいわき」の第2弾にも参加する。そのほかにも「いわき出張」を予定しているという。


   学生にいわきの今を話す。話を聴いた学生が海外へ、国内へ、次の世代へそれを伝える。自分の役割が少しずつ見えてきたかな、という思いになっている。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中