「トトロ、実は死神」はウソ ジブリが「都市伝説」を否定していた

印刷

   スタジオジブリが代表的アニメ作品「となりのトトロ」にまつわる「都市伝説」を正式に否定するコメントを出していた。ネットでは広く知られていた噂だっただけに、大きな話題となっている。

   「トトロ」は1988年に公開。田舎に引っ越してきた小学生姉妹と、子どもにしか見ることのできない不思議な生き物、トトロとの交流を描いた作品で、テレビでは「金曜ロードショー」(日テレ系)に何度も登場。2012年7月13日にも放送されたばかりだ。

トトロは「死期の近い人間にしか見えない」

   子どもから大人まで楽しめる心温まるストーリーなのだが、何年か前からトトロには隠された裏設定があると言われていた。

   大まかな内容はこんな感じだ。実は、サツキとメイの姉妹は物語の途中で死んでしまっている。終盤で2人の影が描かれていないのが証拠だという。

   トトロは死期の近い人間、もしくは死んだ人間にしか見ることができない「死神」。最初にトトロを見たメイは行方不明になり、その後トトロを見たサツキも、あの世とこの世を結ぶ「猫バス」によって冥界へと連れて行かれてしまう。サツキが猫バスについて話した、「みんなには見えないんだ…」という台詞は、猫バスが実体のない虚無の存在であることを表しているのだという。

   かなり突拍子もない見方であるものの、これが「本当は悲しくて怖いとなりのトトロ」などとネットで度々話題になり、一種の「都市伝説」と化していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中