中部電力が社員の原発に関する不適切発言を謝罪

印刷

   中部電力は2012年7月18日にホームページで、7月16日に開催された「エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会」で、同社社員が福島第一原子力発電所事故の被災者を傷つける発言をしたとして謝罪した。

   その発言に対しては

「電力会社の社員は利害当事者であるから、一般国民の意見を聞く場に出るべきではなく、意見に耳を傾けるべきだ」
「『原子力発電のリスクを過大評価している』との意見があったが、そのような一方的な評価はおかしい」

など「不適切」の指摘があったとホームページで紹介している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中