ドラクエは1人で遊ぶから楽しい? オンラインゲーム新作に反発の声も

印刷

   国民的ロールプレイングゲーム(RPG)「ドラクエ」の最新作「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族」が2012年8月2日に発売された。

   2009年に発売した前作の「IX」は全世界でシリーズ最高500数10万本出荷という記録を出し、「ドラクエ」人気の凄まじさを示したが、今回の「X」は初のオンラインゲーム。実は、オンラインと発表された当初から「ドラクエにそぐわない」などと反発が出ていた。

「オンラインゲームの人間関係はごめんだ」

   「ドラクエ」は86年に第一作が任天堂「ファミリーコンピュータ」用ソフトで発売されるとゲーム史を塗り替える大ヒットになった。プレイヤーが主人公になり、あらかじめ用意されたキャラクターを仲間にし、敵を倒すための壮大な冒険を繰り広げる。プレイヤーは個人個人でゲームに没頭し、自分のストーリーを組み立てていった。

   年齢層は幅広く、「ドラクエ」の新作が発売された時だけゲーム機を押入れから出し遊ぶという中高年も多い。

   新作の「X」はシリーズ初のオンラインゲームで、オンラインゲームの特徴は、自分が操るキャラクターをゲームフィールドに投入し、ゲームに参加している他のプレイヤー達とチームを組んで敵を倒したり、ゲーム内で使うアイテムの売買をしたりできる。チャット方式で仲間と日常会話や、次に集合する日時や敵を倒す戦略の打ち合わせをしたりできる。オフ会が開かれることも多く、仲間の男女が実際に出会って結婚にいたるケースもある。

   ただし、1人でゲームをすることが好きな人にとっては、オンラインゲームの人間関係は「リアルな社会と同じ」でうっとうしいと敬遠する人も少なくない。

   そのため、「X」がオンラインゲームと発表されると「ドラクエは1人でやりたい」とネットの掲示板やブログに書き込む人が続出し、「Xはドラクエと認めない!」などと発言する人もいた。

「FF XI」のように数年後に評価される可能性

   とはいっても国民的ゲームの「X」は人気で、ネットショップ「アマゾン」には予約が殺到。12年8月3日時点のゲームのベストセラーランキングでは通常版が1位、「Wii USBメモリー16GB」同梱版が3位になっている。

   ただし、プレイした人が書き込んだ「アマゾン」のレビューを見てみると、最低評価が並んでいる。

   通常版には175のレビューが出ていて、星5つが最高なのだが、最低評価の星1つが102となっている。ちなみに星2つが18、星3つは16、星4つは21、星5つは18だ。

   なぜ低評価がこれほど多いのか。レビューには

「周りがみんな『勇者だ!』と言っていて意味がわからない。主役は私ひとりでよい」
「昔の楽しかったドラクエではないです。メーカーが課金で儲けるような設定になっています。ドラクエ死んだ…と確信しました」
「最初に何をすればいいか良くわかりません。走ってばっかりです」

といったものなどがある。

   もっとも、大人気RPGシリーズ「ファイナルファンタジー」も02年に初のオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXI」を出したときには不評で大失敗といわれたが、オンラインゲームの特徴であるシナリオや、マップ、ゲームデータ等の追加で、ゲームの世界が「成長」していく。メーカーのスクウェア・エニックスは08年4月に有効(アクティブ)会員数が50万人規模を維持し、約170万の有効キャラクターが存在していると発表し、ビジネスが成功したことを示した。今回の「ドラクエ」も10年遊べるゲームにするとしており、本当の評価は「FF XI」と同じように数年経たなければ分からない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中