韓流の次は「華流」ブームが来る? 台湾のお天気姉さんアイドル日本デビュー

印刷

   台湾のお天気お姉さんアイドルグループ、「ウェザーガールズ」が日本でデビューする。コスプレ姿での天気予報で、日本の一部ネットでも知られていたグループで、韓国の韓流に続く華流グループとして注目を集めている。

   デビューシングルは「恋の天気予報」。2012年10月17日にポニーキャニオンからリリースされる。

チアガールやくノ一コスプレで天気予報

ウェザーガールズの7人。美脚ぞろいだ。
ウェザーガールズの7人。美脚ぞろいだ。

   ウェザーガールズは台湾のインターネット放送局で2010年から天気予報番組を担当していたグループ。日本では38人いるメンバーの中から選ばれた7人が活動する。年齢は20代で、みなスタイル抜群の美形揃いだ。

   天気予報番組では、普通の「お天気お姉さん」的な落ち着いた格好ではなく、チアガールやスポーツウェアのほか戦隊モノ、くノ一、といったセクシーなコスプレ姿をしている。Youtubeにアップされている過去の番組を見ると、簡単な振り付けを交えながら各地の天気情報を伝えていて、天気予報というよりもウェザーガールズのイメージ映像という作りになっている。

   また、番組ではメンバーが「ミンナニアエテウレシイヨ」といったようなカタコトの日本語を使用。当初から日本進出を意識していたようだ。

「夢は紅白歌合戦に出場することです!」

   デビュー曲の「恋の天気予報」は、西野カナさんら著名アーティストを手がけて来たJeff Miyahara氏がプロデュースした。今流行のエレクトロディスコ調の可愛らしい楽曲に仕上がっている。

   2ちゃんねるやツイッターでは、「台湾に可愛い女の子がカタコトの日本語で天気予報をする番組がある」と以前から話題になっていたため、今回のデビューに関しても「台湾アイドル応援する!」「この天気予報日本でもやってよ」といった声が出ていた。

   韓国のグループが歌、ダンスのトレーニングを積んだ、かっこいいアーティストという感じなのに対し、ウェザーガールズは少し拙い部分を残した可愛いアイドルという感じだ。そういう意味では、日本人にも親しみやすいかも知れない。

   また、台湾のアイドルグループが日本でデビューするのはウェザーガールズが初だという。中華圏の文化ということで、華流(ファーリュー)というのだそうだ。

   日本デビューにあたり、メンバーは「夢は紅白歌合戦に出場することです!日本のみなさん応援してくださいね!」とコメントを寄せている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中