中国政府、活動家14人の即時釈放を要求

印刷

   中国外務省は2012年8月15日、沖縄県の尖閣諸島の魚釣島に上陸した香港の活動家14人が不法入国の疑いで逮捕されたことを受け、日本政府に対して無条件での即時釈放を求めたと発表した。中国の傅瑩外務次官が丹羽宇一郎駐中国大使を呼び「厳正な申し入れ」を行う一方、丹羽大使は「活動家が不法上陸したことは極めて遺憾」などと中国側に抗議した。

   日本政府も、中国の程永華駐日大使を外務省に呼んで抗議した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中