竹島パフォーマンスに「今後も友好関係で」 サッカーでも「弱腰外交」か

印刷

   ロンドン五輪サッカー男子の3位決定戦で、試合後に韓国代表の朴鍾佑選手が「独島(竹島の韓国側の呼称)」と書かれた紙を掲げた件で、日本サッカー協会は2012年8月14日、韓国サッカー協会からの「遺憾の意」を伝える文書に返事を送った。

   この内容が「弱すぎる」「ヘタレ」と批判されている。日本は竹島領有を主張する韓国に強気に出ることができないでいるが、サッカーでも「弱腰外交」に甘んじているのだろうか。

韓国紙「日本が韓国に和解の意思伝えた」

   日本サッカー協会の大仁邦弥会長は2012年8月15日、札幌ドームで行われたキリンチャレンジカップ日本対ベネズエラ戦の試合後、韓国サッカー協会に対して14日付で返信を送ったことを報道陣に明かした。

   返信の内容は「あのパフォーマンスについては誠に残念だ。両協会はこれまでも友好関係を築いてきた。それはこれからも変わらないし、発展させていきたい」というもの。大仁会長は、「今までもいい関係を築いてきたので、これからも一緒に頑張りましょう、ということ。これからはFIFA(国際サッカー連盟)とIOC(国際オリンピック委員会)がきちんと調査する」と説明したという。

   韓国のスポーツ紙「スポーツ朝鮮」も8月16日、日本から返信があったことを報じている。記事には「日本サッカー協会が韓国サッカー協会に和解の意思を示した」として、大仁会長が「FIFAとIOCの手でこの問題を一日も早く終わらせて欲しいと思う」と話したなどと書かれている。

   大仁会長は8月13日、韓国サッカー協会から謝罪のメール、ファクスを受け取ったと話していたが、韓国の中央日報は「謝罪文ではなく、朴選手の行動が政治的な意図に基づいていないと釈明するためのもの」と報じている。「今後、二度と同じようなことが起きないようにお互い努力していこう」と呼びかける内容もあったとしている。

韓国人「チョッパリが黙ってればこの問題は終わる」

   日本の返事や大仁会長の発言内容について、インターネット上では

「日本サッカー協会はどこまでヘタレているんだ」
「こんなんだからナメられていいように挑発され続ける」
「『もしこのようなことが続くなら、公式戦はともかく、日本は韓国と今後親善試合は一切行わない』くらい言えよ」

など、対応が甘すぎるという批判の声が上がっている。中には、

「はあ?IOCの結果出てもいないのになんで勝手に幕引き考えてんの 日本だけの問題じゃないでしょ」
「日vs韓じゃなくて、オリンピコ精神vs韓国なんですけど」

と、そもそも五輪会場での竹島パフォーマンスは二国間の問題ではないという指摘もある。

   一方、韓国人のツイッターユーザーはスポーツ朝鮮の記事に対して、

「この問題は論争じゃなくてケチを付けてるだけ、日本の野郎は滅びろ」
「右翼のチョッパリ(日本人の蔑称)が黙っていればこの問題は終わる」
「自分達が異議申し立てておいて今になって静かにしようなんて…」

などとツイートしている。日本が竹島パフォーマンスを問題視していることについて不満タラタラのようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中