ソウル大教授「竹島に竹はない。日本人は脳がないね!」

印刷

   ソウル大学のソン・ホグン教授の「竹島に竹はない」というコラムが2012年8月21日、中央日報日本語版に掲載された。

   ソン教授は、独島(竹島の韓国名)は韓国の領土であり、日本は太平洋戦争の敗戦で生まれた極度の被害意識から極度の妄想をしているとした上で

「竹島と松島(竹島の過去の名称)を混同しながら自国の登記所に『島根県隠岐島町』として登記した竹島に竹はない。島の特徴や形を指し示して名称を付けることが朝鮮人の名づけの習慣だった。(中略)朝鮮式ならば竹島には竹が育たなければならない。ところがヤマブドウ、カンパニュラ、ヒエ、ダルマギク、すべて朝鮮の野生の花だ。ただ1株ニシキギが育つ。それは領土欲なく礼儀之理を守って2000年を生きてきた韓民族の自尊心、独島には竹がなくてニシキギがある。こんがらがる日本よ、『脳がないね!』」

と主張した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中