輸入小麦3%値上げ 10月から、製粉会社向け 農水省

印刷

   農林水産省は、国が輸入して民間の製粉会社に売り渡す小麦の価格を、2012年10月1日から主要5銘柄平均で3%引き上げると、8月22日に発表した。米国産やオーストラリア産などの平均価格は1トンあたり1350円上がり、5万130円となる。

   値上げは11年10月の2%以来、2期ぶり。米国の干ばつの影響などでトウモロコシや大豆などの穀物価格は高騰が続いており、それに連動して小麦の国際価格も7月以降に急上昇している。それを反映した。

   主要5銘柄のうち、うどん、菓子用の米国産など2銘柄を8%引き上げる。一方、カナダ産などパンや中華めん用の3銘柄は据え置いた。

   小麦は、安定供給を目的に国が輸入し、購入価格に一定額を上乗せしたうえで製粉会社に売り渡している。この売り渡し価格は、直近6か月間の買い付け価格の動向を踏まえて、毎年4月と10月に見直している。

   日本は小麦の需要の約9割を輸入している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中