「知事時代に20人以上の女性と肉体関係」 東国原氏は「事実無根」記事に「刺された」のか

印刷

   東国原英夫氏(54)が宮崎県知事時代に20人以上の女性と男女関係にあったと週刊文春が報じ、東国原氏は「事実無根」とツイートして反撃している。報道の背景には、ある意図が感じられるというのだが…。

   ここに来て再びマスコミの脚光を浴びているのが、東国原英夫氏だ。橋下徹大阪市長率いる「日本維新の会」の目玉候補として、来たる総選挙で都市部から出馬すると目されているからだ。

県職員に手を出したことも明確に否定

女好きでも、これほどでない?(知事当時の撮影)
女好きでも、これほどでない?(知事当時の撮影)

   ところが、その動きに水を差すような特集記事が、週刊文春の2012年9月12日発売号に出た。

   記事では、宮崎県知事当時の後援会関係者の話として、東国原氏は、知事時代に少なくとも20人以上の女性と肉体関係を持ち、その中には県職員もいたとした。そして、事情を知る宮崎県庁関係者は、女性職員は知事室に出入りし、喘ぎ声のようなものが聞こえたこともあると明かしたという。

   20人の中には、30代の飲食店の娘や東京のOL、女性社長、水商売の女性などがいたとしている。いずれもスタイルのよい美人ぞろいで、同時進行して付き合っていたこともあるという。知事当時の秘書の1人は、当選前からを含めると東国原氏宅に泊まった女性は30人ほどいると言っているともした。

   文春は記事中で、東国原氏の反論も載せている。そこでは、20人以上の女性と関係したことはないといい、県職員に手を出したことも明確に否定した。そのうち、何人かの女性については、友だちだっただけであることを強調した。

   実際、記事では、明確な証拠は示されておらず、飲食店の娘について、東国原氏と2、3年交際していたと親族が明かしていただけだった。それだけに、ネット上では、記事について、「事実かどうか怪しすぎる」「20人は盛りすぎだw」「せめて女の証言とれよ」と首をひねる向きが多い。

   東国原氏もツイッターで11日、文春の取材にすべて事実無根と答えたことを明かし、内容次第では法的措置も検討するとした。

記事の背景に、維新出馬を妨害する組織や団体?

   その後に出た文春の記事について、東国原英夫氏はツイッターで「出鱈目が多い」と漏らし、記事が書かれた背景についての見方を披露した。それによると、バックには、東国原氏を敵と見なす組織や団体がついており、それがどこかはだいたい分かるとした。

   東国原氏は、2012年9月1、2日のツイートで、テレビ局に圧力がかかって何本かの番組が一方的にキャンセルされたと明かしていたが、これらのバックも同じだとみている。

   ただ、東国原氏に、女性スキャンダルが多いのは事実だ。東京・渋谷のイメクラで18歳未満の少女からサービスを受けて芸能活動を自粛したり、最近でも、ジョギング中にナンパした女性を料理店に誘って女性がフグ食中毒になったりする騒ぎを起こしている。宮崎県知事時代も、女性記者や女性社長を連夜自宅に泊まらせたことが週刊誌報道された。このことについては、東国原氏は、選挙前後だったので、様々な人が家に寝泊まりしていたと釈明している。

   東国原氏の事務所では、取材に応対した秘書が、過去の週刊誌報道などについて、「そういうことはあったんじゃないでしょうか」とし、女癖が悪いとの見方について、「それはどうみるかでしょう」と答えた。

   とはいえ、文春の記事内容は事実無根であることを強調した。

「知事室は、秘書広報課を通らなければ行けませんし、夜も職員がついていますので、そこに女性を連れ込むことは確実にありえません。しつこく同じことを書かれたら法的措置も考えますが、選挙が近づいて面白がってやってきていることですので、それに1つ1つ抗議することは考えてないですね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中