長谷川洋三の産業ウォッチ
トヨタ副会長の率直:EVは期待ほどには普及していない

印刷
「電動化のスピードは当初考えていた2年より2年は遅い。2年前に数千台の電気自動車(EV)を2年後に出すと言ったが、まだまだ難しいことが分かった。ただ実際に販売してわかることもあるので計画通りに発売することにした」

   トヨタ自動車の内山田竹志副会長は2012年10月24日、トヨタの環境技術開発の取り組みを発表する中でEVが期待ほどには普及していない現実を卒直に認めた。

3年間に21モデルの新型HVを投入

   同社はハイブリッド技術を次世代環境車のコア技術と位置づけ、2015年末までの3年間に21モデルの新型HVを投入することを明らかにしたが、新型EVについては「eQ」を12年12月に100台程度の限定販売にすることにした。ただ「eQ」は世界最高の電費を実現、1キロメートルあたり104Whとした。

   内山田氏によるとプラグインハイブリッド(PHV)についても「思いからするとまだまだ」といい、今年前半を例に取るとトヨタの国内新車販売台数の45%はハイブリッド車が占め、新興国市場でも10%を占めた。しかしHVに次ぐ次世代環境車の柱としたPHVは思い通りにはいかず、「じつくり普及をすすめる」と指摘した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中