六本木クラブ撲殺「犯人ほぼ特定」 捜査進展の報道相次ぐ

印刷

   東京・六本木のクラブで起きた異様な集団撲殺事件は、このところNHKなど各メディアで犯行グループがほぼ特定されたと報じられている。しかし、その狙いについては見方が分かれ、事件のナゾはまだ多い。

   犯行グループの様子は、防犯カメラに捉えられ、一部の男らは顔も映っていた。それでも警察の捜査はなかなか進まなかったが、ここに来て、動きが出てきたようだ。

報道では、20~30代の元暴走族グループ

この店でトラブルがあった?
この店でトラブルがあった?

   NHKや主要紙の報道によると、2012年9月2日未明にVIP席にいた焼肉店経営の藤本亮介さん(31)を金属バットのようなもので殴り続けて殺害した事件は、20~30代の元暴走族グループによる犯行とほぼ特定されたようだ。実行犯は9人で、逃走用のワゴン車2台には運転手がそれぞれおり、少なくとも計11人が関わっていた。

   その後、防犯カメラの映像から、1台は都内の会社所有、もう1台は個人所有と分かり、警視庁は、容疑者不詳のまま10月4日までに殺人の疑いでこの会社の家宅捜索に踏み切った。

   ただ、会社の役員を含む5、6人は、事件後間もなく、中国や米ハワイに出国したことが分かったという。

   殺された藤本さんは、あるトラブルに巻き込まれていたとも報じられた。

   テレビ朝日系「モーニングバード!」は4日、藤本さんが1週間前にこのクラブを訪れていたとする捜査幹部の話を伝えた。そのとき、藤本さんと若い男性4人との間にもめごとが起こり、藤本さんは相手に謝罪させていた。この男性らと犯行グループには何らかの関係があり、事件当日は、男性らが犯行グループに藤本さんが来店したことを伝えた可能性があるという。

   さらに、藤本さんの携帯電話には、犯行グループの男らの電話番号が残っていた。半年ぐらい通話した記録がないが、もともと知り合いだった可能性があるとしている。つまり、藤本さんと犯行グループにも、何らかのトラブルがあった可能性があると言いたいらしい。

殺されたのは人違い説もあり、ナゾ多い

   トラブルについては、これまでにも様々な可能性が報じられている。

   週刊朝日は2012年9月21日号で、焼肉店などの経営を巡って、藤本さんと元暴力団員との間に金銭トラブルがあったとの知人の見方を紹介した。また、写真誌「フラッシュ」は9月25日号で、六本木で11年12月に20人ほどの若者グループが暴力団幹部ら4人をビール瓶で殴って重傷などを負わせた事件で、グループに藤本さんの関係者がおり、その報復ではないかとする捜査関係者の見方を伝えている。

   一方で、藤本さんは「人違い」だったとする報道も多い。

   週刊朝日は同じ号で、08年に元暴走族グループの在日韓国人男性が東京・新宿で暴力団関係者の男らに殴り殺された事件で、グループが男らの1人に報復しようとして、誤って藤本さんを襲ってしまったとの関係者の話を報じた。また、フラッシュも、この説を同時に紹介し、藤本さんの体の特徴などが男性を襲った首謀者に似ていたとしている。

   人違い説は、週刊ポストの10月1日発売号でも記事にしている。

   さらに、実行犯には、外国人が複数いたとの情報も出ており、真相が分かるには、捜査の進展を待つしかないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中