島根県立大学で「男装女装コンテスト」が中止 性同一性障害者への差別と偏見が広がるから?

印刷

   島根県立大学の学園祭で毎年行われてきたイベント「男装女装コンテスト」が、開催日の前日にいきなり中止になった。生物学的な性と心の性が一致しない「性同一性障害」支援団体に抗議されたことがきっかけだった。

   大学側はこのイベントは性同一性障害に対する理解と配慮が足りなかった、と認めたが、ネットでは「支援団体の反応が過剰すぎるのではないか」といった疑問も出ている。

学生達が学園祭を盛り上げる目的で企画した

   島根県立大学の説明によれば、この「男装女装コンテスト」は08年から毎年開催していた。このイベントに関する批判のようなものはこれまでなかったが、12年10月6日に性同一性障害支援団体から、学生の学園祭実行委員会宛に電話が入った。担当の学生が不在だったため、電話は大学職員のもとに転送され、意見を聞くことになったのだという。

   人権団体はイベントに関して、性同一性障害について十分な理解をした上で行っているものかどうかを訊ねた。大学側はイベントについて、学生達が学園祭を盛り上げる目的で行っているものだと説明。学生達が性同一性障害について十分な理解をしているのかどうか、していなかった場合に周知徹底するとしても学園祭は翌日の7日と8日に迫っているため時間的にも難しいと判断し、学園祭実行委員会と話し合い急遽中止を決めた。

「十分な理解と配慮がなかったと思っています。これからはこうしたことがないように努めていきますが、コンテストを復活させるかどうかはわかりません」

と話している。

   今回の経過は支援団体の公式ホームページでも紹介されていて、12年10月6日付けの記事では、このコンテストは集客を目的としたもので、性同一性障害者への配慮は当初から念頭になかったことがわかった、障害を抱えている人たちが偏見と差別にさらされるおそれがあると判断して口頭で開催の中止を要請した、と書いている。

支援団体の反応は過剰だったのか?

   8日付けの記事では、イベントが中止になったことについて

「学長以下、配慮に欠けていた、ということで中止の方向に傾いたという」

と説明している。

   そしてこの団体にも何らかの「批判」があったのだろうか、

「抗議を向ける矛先が違う。イベントをするか、しないかは主催者と大学当局が最終的に決めること」

などと結んでいる。

   ネットでも今回の「事件」は話題になっている。掲示板や「ツイッター」を見ると、支援団体の行動に首を傾げる人が多い。

「学生のコスプレで性同一性障害を連想する人っている?」
「支援団体の過剰反応が逆に反発を招く恐れがある。性同一性障害者を追い詰めるきっかにならなければいいが」

などといった意見が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中