チャーリー&スヌーピーの「ピーナッツ」、35年ぶり映画化

印刷

   ハリウッドのエンタメニュースサイト「Deadline.com」は2012年10月9日、チャールズ・M・シュルツの人気漫画「ピーナッツ」が長編アニメ映画化され、作品の生誕65周年にあたる15年11月25日に公開されると報じた。ピーナッツの映画化は1980年にアメリカで公開された「スヌーピーとチャーリー/ヨーロッパの旅」以来、35年ぶりとなる。

   「ピーナッツ」はチャーリー・ブラウンと飼い犬のスヌーピーを中心としたキャラクターが、かわいい外見ながらシュールな人生観を展開するギャグ漫画。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中