「報道見て驚いて連絡してきた」 藤村官房長官、田中法相の辞意を否定

印刷
定例会見に臨む藤村修官房長官
定例会見に臨む藤村修官房長官

   藤村修官房長官は2012年10月19日夕方の定例会見で、辞任が不可避とみられている田中慶秋法相から「辞任の意向はない」と連絡を受けたことを明らかにした。

   田中氏は10月19日10時頃、体調不良を訴え都内の病院に検査入院。退院は週明け以降の見込みだ。田中氏について各社が「辞任する見通し」と報じるなか、藤村長官は田中氏の入院後に連絡を受けたといい、

「ざっくばらんに言うと、報道が流れたんですか?それを見て驚いて、電話をしてきた、ということだった」

などと説明した。田中氏が職務を続けられるかどうかについては、

「いくつか病名が厳しいものがあるようなので、きちんと精密検査していただいて、その様子をみなければならないのは事実」

と述べた。

   田中氏をめぐっては、過去の暴力団との交際や外国人からの献金を認めるなど不祥事が相次いでおり、政府・与党では「田中氏のままでは臨時国会を乗り切れない」との声が続出。辞任は時間の問題で、田中氏が辞任のタイミングをさぐっているとの見方もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中