「報道見て驚いて連絡してきた」 藤村官房長官、田中法相の辞意を否定

印刷
定例会見に臨む藤村修官房長官
定例会見に臨む藤村修官房長官

   藤村修官房長官は2012年10月19日夕方の定例会見で、辞任が不可避とみられている田中慶秋法相から「辞任の意向はない」と連絡を受けたことを明らかにした。

   田中氏は10月19日10時頃、体調不良を訴え都内の病院に検査入院。退院は週明け以降の見込みだ。田中氏について各社が「辞任する見通し」と報じるなか、藤村長官は田中氏の入院後に連絡を受けたといい、

「ざっくばらんに言うと、報道が流れたんですか?それを見て驚いて、電話をしてきた、ということだった」

などと説明した。田中氏が職務を続けられるかどうかについては、

「いくつか病名が厳しいものがあるようなので、きちんと精密検査していただいて、その様子をみなければならないのは事実」

と述べた。

   田中氏をめぐっては、過去の暴力団との交際や外国人からの献金を認めるなど不祥事が相次いでおり、政府・与党では「田中氏のままでは臨時国会を乗り切れない」との声が続出。辞任は時間の問題で、田中氏が辞任のタイミングをさぐっているとの見方もある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中