「なりすましウイルス」被害者の明大生に退学説 ネット上では「かわいそうだ」の大合唱

印刷

   遠隔操作ウイルスでなりすましの犯行予告が行われた事件で、「明治大学2年の19歳の男子学生」と報じられていたえん罪の被害者が「大学を辞めていた」説が浮上した。

   インターネット上では学生に同情する声、警察を責める声の大合唱が起こっている。ところが大学側は、この事件について「何もわかっていない」というのだ。

「人生狂わされたな」「警察はごめんで済まないだろ」

   明大生の逮捕が報じられたのは2012年7月だ。神奈川県横浜市のサイトに、小学校を襲撃して皆殺しにするなどと自宅のパソコンから書き込んだとされたが、報道当時、学生は神奈川県警の取り調べに対し「やっていません」と否認していた。

   しかしこの犯行予告は、10月10日に真犯人とみられる人物からTBSに送りつけられたメールによって、「遠隔操作ウイルス」によるなりすましであることがわかった。学生は逮捕後に「楽しそうな小学生を見て、困らせてやろうと思った」と供述を一転させており、保護観察処分になったと報じられている。

   そして10月17日、日本テレビ系のNNNが「神奈川県警が改めて事情聴取した」と報じたのだが、この中で学生を「元大学生」と表記していた。

   「元大学生」と報じられているのを知った人は「学生は逮捕がきっかけで大学を辞める羽目になったのでは」と推測し、インターネット上で「かわいそすぎる」「これは可哀想 なんとかならないの」と同情する声、「悲惨すぎるな ポリ公に人生狂わされたじゃん…」「どうやって落とし前をつけるの?警察は ごめんで済まないだろ」と警察を責める声が上がった。また、「こういうのって、復学できないの?」と学生の復学を望む声などもあった。

明大「本学の学生かどうかもわからない」

   学生が誤認逮捕のために大学を辞めざるを得なかった、もしくは退学処分などを受けてしまったのだとしたら、かなりかわいそうに思える。明治大学に「元大学生」という報道について問い合わせてみた。

   しかし大学側からは「この事件で誤認逮捕されたのが明大生かどうかもまだわかっていない」という意外な答えが返ってきた。

   大学は7月の「明大生逮捕」の報道を受けて警察に出向いたが、学生が未成年ということで全く情報を提供されなかったという。今も確認はできておらず、調査中という状況らしい。「明大生」から「元大学生」という報道になったことについては、「マスコミがどこから情報を得たのかわからない」と困惑している様子だった。

   10月19日現在、日本テレビのニュースサイトに掲載されているこの事件についての記事では、「元大学生」ではなく「19歳の少年」と表記されている。「元大学生」は間違っていたのか。日本テレビに問い合わせたが、担当者がいないとのことで確認できなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中