マンガ「黒子のバスケ」作者への脅迫相次ぐ 上智大やイベント会場、出版社に文と薬物が

印刷

   「週刊少年ジャンプ」連載中で、アニメ化もされた人気スポーツマンガ「黒子のバスケ」の作者、藤巻忠俊さん(30)を「憎い」などとして、藤巻さんの母校や出版社、イベント会場などに脅迫文と薬物のようなものが送り付けられた。

   2012年10月21日に江東区の「東京ビッグサイト」で行われた「黒子のバスケ」イベント。予定通り開催されたが、ものものしい警備態勢が敷かれ、その様子がテレビのニュース番組で放送された。

「イベントをやめなければ、薬物をばらまくぞ」

   「黒子のバスケ」は09年に連載が始まり、単行本は現在18巻、累計約1000万部が出荷されている。主人公は高校生のバスケットボール選手としてはあまり背が高くない「黒子テツヤ」。中学時代のバスケットボール仲間「キセキの世代」といわれる5人のライバルがいる。少年マンガ誌での連載だが、イケメン揃いということもあり、特に「腐女子」といわれるボーイズラブ好きの女性に絶大に支持され、本作だけでなく、登場人物の恋愛が描かれた同人誌がバカ売れしている。

   そうしたなか、作者の藤巻さんを中傷し脅迫する文章と、薬物のようなものが送り付けられる騒動が、連日のように起こっている。12日夜には藤巻さんが在籍していた上智大の体育館で、「俺は藤巻忠俊が憎い」と紙に書かれたワープロ文字と、硫黄臭のする液体が入った容器が発見された。

   13日には東京ビッグサイトに「イベントをやめなければ、薬物をばらまくぞ」という脅迫文と、粉状のものが届いた。また、「黒子のバスケ」のパロディーマンガを出版している会社にも「パロディー漫画をやめなければ、硫化水素が沸く」といった脅迫文とバリウムの粉が送り付けられ、 16日には藤巻さんの母校、東京新宿区の戸山高校でも同様な騒ぎが起こった。

犯人は同業者?それとも「腐女子」が憎い?

   脅迫があった「東京ビッグサイト」で行われたイベントは21日に予定通りに開催したが、多数の警備員が配置されるものものしさをテレビのニュース番組が伝えていた。イベント主催者は、ホームページ上で、「警備強化のために手荷物検査を実施します」といった告知をし、イベント終了後には「皆様のご協力により無事イベントを終了することができました」と報告した。

   いったい誰がなんの目的でこのような行為に及んでいるのか。これまでもマンガ家に対する脅迫や、ネットでの「炎上」騒ぎはあったが、清純に描かれていたヒロインに実は過去に不貞があったのではないか、といった読者に対する「裏切り」が発端になる、といったケースが多かったが、今回の場合はきっかけが全くわからない。

   ネット上では犯人捜しが始まっているものの決め手がなく「マンガ家の同業者の恨みではないか」「腐女子に愛されたのが気に入らないのでは」といった根拠のないものばかりが目立っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中