温家宝・中国首相の親族が巨額の蓄財報道 背景には指導部の権力闘争?

印刷

   中国の温家宝首相の親族が総額27億ドル(約2150億円)の資産を蓄財していると米紙ニューヨークタイムズ(電子版)が2012年10月25日報じた。温首相が副首相に就任した1998年以降、母親や兄弟ら親族が大手保険会社への投資や携帯通信会社の株式保有などで資産を形成したという。報道後、中国国内では同紙(電子版)の閲覧ができなくなっている。

   今回の報道は内部から情報提供があったのではないかとの見方も出ている。中国共産党は11月に党の全国大会を開催し、指導部の交代も含め大規模な人事を決定する。政治局常務委員を更迭された薄熙来氏らのグループが巻き返しのためリークしたのではないかとの憶測も出ている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中