「日本と韓国のサッカー対戦は当面組まない」 「竹島領土問題」が理由なのか

印刷

   日本サッカー協会の原博実技術委員長(54)が、2012年11月4日、日本代表と韓国の親善試合は当面の間組まない、と語った。

   スポーツ紙はその理由について、島根県竹島の領土問題など両国の関係が悪化しているからだとしているが、日本サッカー協会は「理由は国際問題ではない」と否定している。

サッカー協会の次期会長選挙が控えていることも理由?

   U-19アジア選手権を視察するために成田から出発した原技術委員長が、韓国との国際親善試合を組まない方針を示したという。両国の関係が竹島の領有権問題で緊迫していること、また、2013年1月に韓国サッカー協会の次期会長選挙が控えていることなどが理由だとする記事がスポーツ紙に掲載されている。

   この記事を受けてネットでは、韓国と試合をすれば先のロンドン五輪であったように、竹島の領有権をアピールするプラカードが出てまた混乱が起きる可能性があるし、日本選手が故障するアクシデントも必至なため、親善試合をしないのは当然だという意見が多い。

「当面じゃなくて永遠でいいと思うんですけどねえ」

などという書き込みが掲示板に並んだ。

他の国のチームとの対戦のほうが日本チームにとって意味がある?

   ただし、日本サッカー協会の広報は、この記事は記者の推測で書かれたもので、事実とは違う、としている。技術委員長の仕事は、選手の育成と、W杯など大きな大会に向け、実力を高めるため有効な対戦相手とマッチメイクすること。当面は韓国との親善試合の予定はなく、他の国のチームとの対戦のほうが日本チームにとって意味があるというだけのことだと説明している。

「とにかく、国際問題があるから試合はしない、などという理屈は存在しません」

というが、真相はやぶの中だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中