ウナギは「マリンスノー」を食べる 東大など確認

印刷

   海洋研究開発機構と東京大学大気海洋研究所のチームは、天然ウナギの幼生が「マリンスノー」と呼ばれる主にプランクトンの死骸の破片などからできた沈降物をエサとして育つことをつきとめた。2012年11月7日付けの英専門誌に発表した。

   これまで、ウナギの幼生が何を食べて育っているのかには複数の説があった。

   今回の解明により、自然環境に近いエサを食べさせることができるようになって、養殖の効率向上が期待できるという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中