中国共産党指導部はなぜ「黒髪」ぞろい 4000年の秘薬?でも使っているのか

印刷

   中国共産党の第18回党大会が開幕し、胡錦濤国家主席、習近平副国家主席ら指導部の重鎮が一堂に会した。

   指導部は50代から70代の委員で構成されているが、その面々はみな年齢によらず黒くてフサフサな髪をしている。

   いったいどんな秘密があるのだろうか。

9人の指導部のなかに1人も薄毛や白髪がいない

指導部入りの条件は黒くてふさふさ?(写真は、新華網から)
指導部入りの条件は黒くてふさふさ?(写真は、新華網から)

   2012年11月8日、中国・北京で共産党の第18回党大会が開幕した。

   習近平副国家主席、李克強副首相ら次期最高指導部をになうと目される面々をはじめ、胡錦濤国家主席、温家宝首相ら重鎮が一堂に会している。

   議場の写真を見ると、あることに気づく。出席者がみな一様に髪が黒くてふさふさなのだ。

   59歳の習近平氏や57歳の李克強氏はもちろんのこと、今年70歳になる胡錦濤氏や、温家宝氏も、白髪はまったく見当たらず、ボリュームのある髪を後ろに撫で付けている。ロマンスグレーという言葉の似合いそうな年齢だが、そろって黒髪だ。

   実は、これは今大会に限った話ではない。2007年の第17回党大会の際の指導部の集合写真でも、委員らは黒々とした頭を並べていた。当時81歳だった江沢民前国家主席も、毛根の近くを除き、真っ黒な頭髪をしていた。

   ただ、一般には男性の頭髪は、年を重ねるにつれ、薄くなったり白くなったりすると言われる。男性用かつらの販売をおこなうアデランスが2006年に約1万人を対象におこなった調査によれば、中国における薄毛の人の割合は19%だ。また、楽天リサーチの調べ(2012年6月発表)によると、50代男性の47.7%、60代男性の43.1%が白髪が気になると回答している。

   こうしたことから、9人の指導部のなかに1人も薄毛や白髪がいなかったというのは少々不思議な話だ。指導部入りの条件に「黒髪ふさふさ」がありそうな気すらしてくる。

中国4000年の伝統の秘薬?

   一体なぜ、中国共産党指導部に限りそろいもそろって、薄毛や白髪から無縁に見えるのだろうか。髪の多さについては不明だが、色については、第17回党大会のあった2007年の米ウォールストリート・ジャーナル(12月11日付)が、中国の重鎮らがこぞって黒く染めているとの見方を示していた。

   「中国で影響力を持つ元老たちにとって、髪を染めることは一般的となっている」とし、「政治の指導者らはテレビに映るので、健康そうに見られる必要があるのではないか」という専門家の分析を紹介した。

   記事には、中国では「若さが非常に大きなアピール要素となる」という社会学者のコメントもある。中国社会は5人のうち3人が39歳以下という年齢構成のため(2007年当時)で、黒髪は若さの象徴としてもてはやされるということらしい。「日本やインドでも髪を染める男性はいるが、中国ほど白髪を嫌がる国はない」そうだ。そこで、一般の中国男性でも頭髪の健康を保つため、肝臓や腎臓に良い薬草の処方を受けたりしているとも書いてある。

   漢方薬で名高い中国のこと、4000年の伝統の秘薬があって、指導部の髪が黒くてフサフサなのもその効用だったとしても不思議ではない。ただ、真相は謎のままだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中