米国2州でマリファナ合法化 加藤登紀子さん「動いてるね!世界は」

印刷

   アメリカ西部のコロラド、ワシントン両州で、嗜好品としての大麻(マリファナ)を合法化することが住民投票の賛成多数で可決され、日本でも話題になっている。ネット上では早くも、両州に行きたいという書き込みが相次いでいる。

   合法化が決まったのは、米大統領選でオバマ氏が再選されたのと同じ2012年11月6日だ。報道によると、医療品として以外ではアメリカで初めてという。

ネットに「大麻ツアー始まるな」

著名人も注目
著名人も注目

   コロラド州では14年から、ワシントン州では1年かけて販売規則を整えた後に、それぞれ大麻の販売が始まる見通し。2州とも、購入できるのは21歳以上で、1オンス(28.5グラム)までとなる。コロラドでは、大麻草を1人6株まで栽培できるようになるそうだ。

   もっとも、米連邦政府は大麻を違法薬物としており、どこまで販売が認められるのか不確実要素もある。

   合法化が日本でも報じられると、ネット上では、興味を示すコメントが次々に書き込まれた。「コロラド 行きてえええ」「大麻ツアーが始まるな」と早くも行きたい気持ちを告白する人がみられた。

   著名人も、ツイッターなどで次々に反応した。メディアジャーナリストの津田大介さんは「大麻、解禁されるってよ」といち早くつぶやき、歌手の加藤登紀子さんがそれをリツイートしながら、「動いてるね!世界は」と感嘆の思いを吐露した。

   その一方で、日本では、大麻の所持などが違法化されていることから、「日本も大麻解禁しろ」といった意見もネット上で出た。

   大麻規制に反対している元女優の益戸育江さん(49)(旧芸名・高樹沙耶)は、「この意味をかみしめてください!」と早速ツイッターで訴えた。そして、「ワシントンで自由に大麻を利用できる 何で日本は逮捕されてしまうの?犯罪者のレッテル張られるの?」と規制に疑問を呈している。

日本から行って買えば違法になる

   大麻については、日本でも、過去に何度もその是非が議論になっている。

   欧米では、その規制が緩く、音楽イベントなどでも使われることがあり、日本の専門家からも、大麻は薬物の中でも依存性や毒性が弱く、タバコやアルコールよりも害が少ない面が指摘されている。しかし、他方で、男性不妊やがんの原因にもなり、薬物浸りに進む危険性などがあるとされ、規制の継続を求める声も根強い。

   ネット上でも、「体にいいわけがない」「酒、パチンコと同じく現実逃避に使われる」「車の運転とかどうすんだ」といった疑問もくすぶっている。

   日本では、大麻の成分を含んだ医療品も認められておらず、大麻草の研究栽培にも免許がいる。

   米国2州で大麻の販売が始まった場合、日本から行って買ったとしたら犯罪になるのか。

   厚労省の監視指導麻薬対策課では、その場合でも大麻取締法違反(所持)に問われるとする。ただ、警察が立証するのに支障があるため、実際に処罰するのは困難だという。もっとも、大麻をお土産として日本に持ち込めば、所持のほか、輸入の罪にも問われるとしている。

   対策課の担当者は、「健康に害がありますので、大麻のために行くのは止めてほしい。もちろん、持って帰ってくれば、処罰されることになります」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中