剛力彩芽の「ゴリ押し」に同僚もキレた! 「ビブリア古書堂」ヒロイン、「違うよね」

印刷

   「ゴリ押しアヤメ」「剛力押し(ごりおし) 」などとネットで非難されている女優の剛力彩芽さん(20)。実力以上に様々な賞を受賞し、ドラマ、CMに出まくっている、と見られているからだが、そんな剛力さんに対し、とうとう所属事務所の同僚まで「ゴリ押しにキレた」、などとネットで話題になっている。

   それは声優でエッセイストの池澤春菜さん(37)が2012年11月21日、ツイッターで、剛力さんが13年1月から始まるフジテレビ系ドラマのヒロイン「栞子」を演じることについて、「栞子さんは違うよね。しょぼん」などとつぶやいたからだ。ネットで「池澤さんもっと言ってくれ!」などと喝采されている。

「栞子のイメージ像を全部覆そうかと思っています」

剛力彩芽さん(2011年12月撮影)
剛力彩芽さん(2011年12月撮影)

   剛力さんが主演する「ビブリア古書堂の事件手帖」は三上延氏の同名ライトノベルが原作で、3巻で310万部以上を売り上げた大ヒット作。剛力さんが演じるヒロインの栞子は、古書の並外れた知識を持つが、性格は内向的で人見知りな鎌倉の古本屋店主。原作の書籍には栞子の綺麗なイラストが多数掲載されていて、色白でお嬢様タイプの顔立ち、黒のロングヘアー、体は華奢だが巨乳といった佇まいで描かれている。

   主演抜擢について剛力さんは、

「栞子のイメージ像を全部覆そうかと思っています(笑)。撮影も髪の毛が短いままで行く予定」

とテレビ誌「ザテレビジョン」(12年11月30日号)にコメントを寄せている。

   すると池澤さんは「ツイッター」で、

「ビブリア古書堂のドラマ化のニュースを知る。栞子さんは……違うよね……いや、同じ事務所だけどさ……栞子さんは、もっとこう……しょぼん」

などとつぶやいた。池澤さんの父は作家の池澤夏樹氏。祖父は有名な文学者の福永武彦氏。声優界では並外れたインテリ家系としても知られている。

   これは池澤さんのゴリ押し批判、なのかどうか分からないが、ネットでは「とうとう事務所の同僚もキレた」「もっとハッキリ言っちゃって」と騒ぎになり、

「なんでこいつだけこんなにゴリ押しなんだろう?」
「これは9割以上が池澤さんに同意だろうがw」
「栞子を剛力が演じたら、作者も、出版社も、テレビ局も、誰も得をしないだろ」

などと池澤さんは喝采を浴びたが、ほどなくして「ツイッター」で、「怒られちゃった……」とつぶやき問題のツイートを削除した。

女性好感度タレント50位内にも入っていない

   剛力さんは小学生の頃から芸能活動を初め、高校生で雑誌の専属モデルやテレビドラマに登場するようになった。本格的な女優活動は11年のフジテレビ系ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」からで、CMの起用も増え、11年11月には月刊情報誌「日経トレンディ」が選ぶこれからブレイクが期待される新人の「今年の顔」に選ばれた。

   12年に入り、CMが10本という、顔を見ない日は無いはずの剛力さん。ところが、ビデオリサーチが年2回実施し「好感度調査」とも呼ばれる「テレビタレントイメージ調査」 (調査期間12年7月14日~22日まで)では、女性タレント 50位の中にも入らない「圏外」だった。

   そんな剛力さんなのだが、CM契約数は増える一方で、実写映画「科学忍者隊ガッチャマン」のヒロインや、映画「プロメテウス」の主人公エリザベス・ショウの日本語声優など大きな仕事が決まっていった。12年は受賞歴も半端なく、「日本メガネベストドレッサー賞」「ベストレザーニスト」「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2012」「ベストキャラクター賞」などを獲得し、「ゴリ押し」とネットで騒がれた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中