ゴン中山、45歳で現役引退 W杯2度出場

印刷

   サッカーJ1、コンサドーレ札幌の中山雅史選手が2012年12月4日に会見を開き、現役引退を表明した。

   静岡・藤枝東高から筑波大を経て、1990年にヤマハ発動機(現J1・ジュビロ磐田)に入団。チームの中心選手として活躍し、98年に最優秀選手、また2度の得点王に輝いた。

   1998年、日本がW杯に初めて出場したフランス大会では、ジャマイカ戦で日本選手初ゴールを決めた。2002年の日韓大会でも代表に選ばれた。

   2010年に磐田から札幌に移籍してからは両膝の故障に悩まされ、満足にプレーできない状態が続いた。2012年11月24日の横浜Fマリノス戦が、公式戦最後の出場となった。45歳まで現役を続け、通算157得点はJ1最多を誇る。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中