「東日本大震災を思い出してください!」「高台に逃げてください!」 東北地震、NHKで強い口調の避難命令

印刷

   2012年12月7日17時18分頃、東北地方を中心に強い地震が発生した。NHKでは発生直後から、津波警報、注意報が発令されている地域への避難を強く呼びかけている。

   自治体では防災無線などで避難の呼びかけを続け、また避難状況などを発信している。インターネット上では実際に避難している人の声も書き込まれている。

避難する車で渋滞の地域も「なるべく歩いて避難して」

   NHKでは「津波!避難!」という大きなテロップとともに、「東日本大震災を思い出してください!」「高台に逃げてください!」という強い口調のアナウンスが繰り返された。津波は17時53分に宮城県金華山沖で20センチの第一波が観測され、その後18時2分に宮城県石巻市鮎川で1メートル、18時20分に宮城県気仙沼市唐桑御崎漁港で80センチの津波が観測された。

   宮城県多賀城市では11か所の避難所に約1000人が避難した。宮城県塩釜市では約500人、青森県八戸市では約200人が自主避難しているという。また宮城県石巻市はNHKの取材に対し、防災無線で避難を呼びかけているため、多くの人が避難できているはずだと答えていた。岩手県陸前高田市はツイッターで逐一市内の避難状況を伝えている。

   ツイッターやFacebookでは現地の人々と見られる生々しいツイートが投稿されている。「小竹浜、全員避難して無事」「気仙沼高校に避難中。生徒たちがとてもたくましく、頼もしく、なんか泣きそう」「大船渡市に居てるけどかなり地震で揺れた その後サイレンが鳴って津波警報が出て今高台に避難してます」など、比較的速やかに避難できている人が多いようだ。ただ避難する車で渋滞が多発している地域もあるようで、「車も大切ですが、命あっての物、走って逃げることのできる方は車を使わず避難願います」「歩ける人は歩いて、お年寄りは物資の車が通れる様にして下さい」などと呼びかけられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中