地震デマツイートの高校生特定か 本人はアカウント乗っ取られたと主張

印刷

   がれきに閉じ込められたと地震でデマを飛ばしたとされるツイッターユーザーは、大阪の高校2年生男子生徒ではないかと見られている。高校が事実関係を調べているが、本人はツイッターで直接的な関与を否定しているようだ。

   この「デマツイート」は、2012年12月7日に東北で震度5弱の地震が発生してしばらくしてから発せられ、ユーザーのリツイート呼びかけに、朝日新聞社会部も含め1万件以上もの反応が出る騒ぎになった。

だれからDMが来たか分からない

   その後、過去のツイートなどから、2ちゃんねるなどで、ユーザーの特定化が進んだ。デマを飛ばしたとして非難が相次ぐ炎上状態になっている。

   これに対し、このユーザーとみられる複数の別アカウントのツイッターでは、この日から本格的に釈明を始めた。当初は、「不謹慎なウソ」と認めて謝罪し、自分以外にもデマが流れているので、ウソをばらして引っかからないようにしたかった、などと説明した。

   しかし、このツイートはすぐに削除され、翌8日には、自分のツイッターに英語のDM(ダイレクトメッセージ)が来て、それを開けると、アカウントを乗っ取られて、デマツイートを送信されてしまったと主張した。学校で友だちに聞いて分かったという。アカウントを消したため、だれからDMが来たか分からないものの、外国人のような顔をした女性ユーザーだったとした。「地震が起こり絶好のチャンスと思われてしまい、乗っ取りをされたのかな」とも漏らしている。

   ただ、DMをむやみに開けてはいけないというツイッターの常識を知るべきだったとして、この点については謝罪した。乗っ取りについては、高校の教師に伝え、警察にも電話して相談したとしている。

   「デマツイート」のユーザーは、本当にこの高校の生徒なのか。

消防・警察が動けば、偽計業務妨害などの可能性

   ユーザーの学校とされる大阪府の高校では、副校長がネットで挙げられた名前の男子生徒が在籍していることを取材に認めた。

   ただ、この生徒がユーザーであるかについては、明言しなかった。当人から話を聞いて分かった部分があるとしたものの、2012年12月11日に保護者に確認する予定で、それまでは明かせないという。

   ネット上で騒がれているが、電話での問い合わせはPTAから10日中に4、5件あっただけだとした。ただ、8日に学年で、10日には全校で生徒らに今回のことを話しており、必要があれば、男子生徒に何らかの指導をするとした。

   副校長は、「阪神や東日本の大震災では、募金活動や被災地との交流などに学校全体で取り組んでおり、もしデマを飛ばすような生徒がいたとしたら、とても残念に思います」と話している。

   「デマツイート」は、幸いなことに、消防や警察が出動する事態にまでは至らなかったようだ。

   宮城・気仙沼の消防本部では、取材に対し、ツイートを見た人からの通報などはなく、デマがあったことを後から知ったと説明した。広報担当者は、「電話がつながり被災状況も確認できましたので、建物が倒壊するような状況ではないことは分かっていました。しかし、通報があれば確認しなければならないので、デマを流すことは非常に困りますね」と言う。

   また、気仙沼署の副署長は、デマツイートについて、「110番も特に入っていませんでしたので、初耳ですね」としたうえで、「デマがあれば振り回されることになりますので、当然困ります」と取材に答えた。一般論として、デマで警察などが動くことになれば、発信者は偽計・威力業務妨害罪などに問われることになるとした。ただ、動かなかった場合については、どこまでが罪に問われるのか、慎重に判断しないといけないと言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中