マックのバーガー、会計終了後「60秒以内」キャンペーン 本当に可能なのか、実際に計ってみた!

印刷

   日本マクドナルドが2013年1月4日から、会計が終わってから60秒以内に商品を渡せなかった場合、「ビッグマック」などのハンバーガーと交換できるチケットを渡すキャンペーンを全国で始める。ネット上では「60秒とか無理」「従業員の労働がハードになる」といった声も出ている。実際のところはどうなのか。

フィレオフィッシュのセットは38秒で届いた

キャンペーンでもらえるコーヒーの無料券。「60秒で商品をご提供いたしました」とある
キャンペーンでもらえるコーヒーの無料券。「60秒で商品をご提供いたしました」とある

   キャンペーンは1月4日から31日にかけて、11時から14時までの昼食の時間帯に行われる。全ての商品の注文が対象だ。60秒以内に商品を提供できた際にも、コーヒー無料券を提供する。つまり、キャンペーン期間中は、すべてのお客がコーヒーかハンバーガーの無料券を手にできることになる。

   キャンペーンは、すでに六本木ヒルズ店と御堂筋周防町店の2店舗で先行実施されている。記者が実際に六本木ヒルズ店で確認したところ、「60秒以内」が達成できているケースが多いようで、記者を含めて6人連続で「60秒で商品をご提供いたしました。次回ご来店の際には、プレミアムローストコーヒーHOT/ICE(S)を無料でお楽しみください」と書かれたチケットを受け取っていた。7人目になって初めて、ハンバーガーの無料券を受け取るお客を確認できた。このお客はテイクアウトで2~3人分を一度に注文しており、量が多い分だけ準備に時間がかかったようだ。

   記者が確認できた限りでは、会計が終わって砂時計がセットされ、商品が出てくるまでにかかる時間は53秒、47秒といった具合で、60秒というリミットには若干の余裕があるケースが多いようだ。店の混雑具合によって待ち時間は変化するとみられるが、記者が注文したフィレオフィッシュのセットは38秒で届いた。

注文を受けてから届くまでの平均時間は75秒

   マクドナルドの広報担当者によると、商品が届くまでに60秒を超えることを特に「悪い」と評価している訳ではないとしており、キャンペーンによって従業員への負担が増えることはないとみている。また、キャンペーンの狙いについては「話題作りで集客するため」「回転率をあげるため」などと諸説がささやかれているが、マクドナルドでは、

「出来たての商品をスピーディーに提供する『メイド・フォー・ユー』システムを、砂時計を見ながらゲーム感覚で体験してほしい」

と説明している。

   また、会計が終わってから商品が届くまでの平均時間は不明だが、注文を受けてから商品が届くまでは、平均で1分15秒程度かかるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中