サッカー天皇杯、柏レイソル優勝

印刷

   2013年1月1日に東京・国立競技場で行われたサッカー天皇杯決勝は、柏レイソルがガンバ大阪を1-0で下し、優勝した。前身の日立製作所時代の1975年度大会以来、37大会ぶり3回目となる(レイソルとしては初優勝)。

   2008年大会も同じ顔合わせだったが、この時はガンバが勝利を手にしており、今回は雪辱戦となった。レイソルは2011年にJリーグ1部「J1」を制したが、今季は6位に終わっていた。天皇杯優勝により、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)への出場権を獲得した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中